インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

データ収集をポーズ

アプリケーションを起動するように解析を設定し、データの収集開始を遅らせるか、アプリケーションの実行途中までデータ収集をポーズすることができます。これは、解析結果にウォーミング・アップのアクティビティーを含めたくない、または特定のイベントが発生したときにデータ収集を開始する場合 (例えば、メッセージボックスやマウスクリックなど) に便利です。インテル® VTune™ プロファイラーは、解析のポーズ (一時停止) と再開にいくつかのオプションを提供しています。

ポーズしてデータ収集を開始し手動で再開

解析を手動で開始および停止するには、次の操作を行います。

  1. プロジェクトを作成/開きます

  2. ツールバーの [解析の設定] ボタンをクリックします。

    [ようこそ] タブが開きます。

  3. [何を] ペインで解析ターゲットを選択して設定します。

  4. [どのように] ペインに切り替えて、[実行する解析タイプを選択] ボタンをクリックして必要な解析タイプを選択および設定します。

  5. コマンドバーにある [ポーズして開始] ボタンをクリックします。

    インテル® VTune™ プロファイラーはアプリケーションを実行します。[ポーズして開始] ボタンが [再開] ボタンに変わります。

  6. コマンドツールバーの [再開] ボタンをクリックしてデータ解析を開始します。

[ポーズ]/[再開] ボタンを使用してアプリケーション実行の任意の時点でポーズ

  1. コマンドツールバーの [開始] ボタンをクリックして、選択した解析を実行します。

    解析が始まると、コマンドバーに解析管理ボタンが表示されます。

  2. 収集を一時停止する場合、コマンドバーの [ポーズ] ボタンをクリックします。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、アプリケーションを実行し続けますが、データの収集を行いません。コマンドバーの [開始] ボタンは [再開] ボタンに置き換わります。

  3. 収集を再開する場合、コマンドバーの [再開] ボタンをクリックします。

    インテル® VTune™ プロファイラーはデータの収集を続行します。

ポーズ/再開 API をコードに追加して解析を開始および停止

ポーズ/再開 API の詳しい使い方については、「収集の制御 API」を参照してください。

データ収集が完了すると、インテル® VTune™ プロファイラーは [タイムライン] ペインにポーズした領域を表示します。

関連情報