インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Linux* ターゲットパッケージで Yacto Project* とインテル® VTune™ プロファイラーを設定

インテル® VTune™ プロファイラーは、組込み Linux* デバイス上でパフォーマンス・データを収集して解析できます。ここでは、Yocto Project* が動作する組込みデバイス上でパフォーマンス・データを収集するため、インテル® VTune™ プロファイラーを設定する例を示します。最初のセクションでは、必要なコレクターが自動的にインストルされる場合の典型的な使用法について説明します。2 番目のセクションでは、ハードウェア・イベントベースのデータ・サンプリング収集用のコレクターとインテル® VTune™ プロファイラーのドライバーを手動でインストールする方法を示します。

リモート解析の自動設定と実行

ホストシステム上で次に示す手順を使用して、組込みデバイスでの解析を設定し起動します。

  1. RSA キーを使用して、ターゲットへのパスワードなしの SSH アクセスをセットアップします。

  2. インテル® VTune™ プロファイラーを開いてプロジェクトを作成します。

  3. [リモート Linux* (SSH)] 解析ターゲットを選択して収集の詳細を指定します。インテル® VTune™ プロファイラーは、ターゲットシステムに接続して適切なコレクターをインストールします。自動インストールが失敗した場合、またはインテル® VTune™ プロファイラーのドライバーを使用してハードウェア・イベントベース・サンプリング収集を行いたい場合は、次の手順に従って手動でターゲットシステムを設定します。

  4. [解析タイプ] を選択します。

  5. 解析を開始します。

手動で Linux* ターゲットシステムを設定

自動インストールが失敗した場合、次の手順を行います。

  1. ターゲットパッケージのアーカイブをターゲットデバイスへコピーします。次のターゲットパッケージが利用できます。

    • <intall-dir>/target/vtune_profiler_target_sep_x86.tgz - x86 システム向けのハードウェア・イベントベース・サンプリング・コレクター (SEP) を提供します。

    • <install-dir>/target/vtune_profiler_target_x86.tgz - x86 システム向けのすべてのインテル® VTune™ コレクターを提供します。

    • <install-dir>/target/vtune_profiler_target_sep_x86_64.tgz - 64 ビット・システム向けのハードウェア・イベントベース・サンプリング・コレクター (SEP) を提供します。

    • <install-dir>/target/vtune_profiler_target_x86_64.tgz - 64 ビット・システム向けのすべてのインテル® VTune™ コレクターを提供します。

    例えば、次のコマンドは SCP を使用して、vtune_profiler_target_x86_64.tgz パッケージを組込みデバイスにコピーします。

    scp -r vtune_profiler_target_x86_64.tgz root@123.45.67.89:/opt/intel/
  2. ターゲットシステムでファイルを展開します。次に例を示します。

    tar -xvsf vtune_profiler_target_x86_64.tgz
  3. ターゲットシステムでサンプリング・ドライバーが利用できることを確認します。ドライバーをビルドする必要がある場合、インストール中に通知されます。そうでなければ、サンプリング・ドライバーをビルドしてターゲットシステムにインストールする必要があります。

    ターゲットの組込みシステムでコンパイラー・ツールチェーンが利用できる場合、次に手順でターゲットシステム上でドライバーをビルドします。

    1. コマンドプロンプトを開き、<install-dir>/sepdk/src ディレクトリーへ移動します。次に例を示します。

      cd /opt/intel/vtune_profiler_2020.0.0.0/sepdk/src
    2. ドライバーをビルドするには、./build-driver コマンドを使用してします。次に例を示します。

       ./build-driver -ni \ --kernel-src-dir=/usr/src/kernel/ \ --kernel-version=4.4.3-yocto-standard \ --make-args="PLATFORM=x64 ARITY=smp"
    3. カーネルにドライバーをロードするには、./insmod-sep コマンドを使用します。

    ターゲットの組込みシステムでコンパイラー・ツールチェーンが利用できない場合、ホストシステム上でドライバーをビルドして、ターゲットシステムにインストールします。次に手順を示します。

    1. コマンドプロンプトを開き、<install-dir>/sepdk/src ディレクトリーへ移動します。次に例を示します。

      cd /opt/intel/vtune_profiler_2020.0.0.0/sepdk/src
    2. クロス環境のドライバーをビルドするには、./build-driver コマンドを使用してします。必要に応じて、ビルドに必要なクロスコンパイラーとターゲットのカーネル・ソース・ツリーを準備します。次に例を示します。

      mkdir drivers
      ./build-driver -ni \
      --c-compiler=i586-i586-xxx-linux-gcc \
      --kernel-version=4.4.3-yocto-standard \
      --kernel-src-dir=/usr/src/kernel/ \
      --make-args="PLATFORM=x32 ARITY=smp" \
      --install-dir=./drivers
      
    3. sepdk/src/drivers フォルダーをターゲットシステムにコピーします。
    4. カーネルにドライバーをロードするには、./insmod-sep コマンドを使用します。

関連情報