インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

tsx-exploration コマンドライン解析

この解析は GUI モードでは非推奨となり、コマンドラインでのみ利用できます。

TSX 全般解析タイプは、ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集を使用し、インテル® トランザクショナル・シンクロナイゼーション・エクステンション (インテル®TSX) をサポートするインテル® プロセッサーをターゲットとします。この解析タイプは、インテル® TSX の動作とトランザクション中断の原因を理解するのに役立つイベントを収集します。

構文

vtune -collect tsx-exploration [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

Knob: analysis-stepenable-user-tasks

TSX 全般解析で利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は次のように取得できます。

vtune -help collect tsx-exploration

この例では、ユーザータスク解析を有効にして、Linux* 上の myApplication でインテル® TSX 全般解析を実行する方法を示します。

vtune -collect tsx-exploration -knob enable-user-tasks=true -- /home/test/myApplication

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報