インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

解析ターゲットの設定

インテル® VTune™ プロファイラーによるパフォーマンス解析のプロジェクトを作成する場合、プロファイルを行う解析ターゲットを指定する必要があります。これには、実行ファイルや、対象のプロセス、またはシステム全体のいずれかを選択します。

サポートされるターゲット

解析を始める前に、ターゲットとシステムが、パフォーマンス・プロファイル向けに適切にコンパイルおよび設定されていることを確認してください。

インテル® VTune™ プロファイラーは、次の環境で開発された実行可能なターゲットの解析をサポートします。

開発環境統合

ターゲット・プラットフォーム

プログラミング言語

プログラミング・モデル

仮想環境

コンテナー

LXC*、Docker*、Mesos*

ターゲットを指定

解析するターゲットを指定します。

  1. ツールバーにある [新しいプロジェクト] ボタンをクリックして、新しいプロジェクトを作成します。

    既存のプロジェクトのターゲットを再設定する場合、ツールバーボタンの [解析の設定] をクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。デフォルトでは、プロジェクトは [ローカルホスト] ターゲットシステム上で、[アプリケーションを起動] ターゲットタイプを使用して、ユーザーモード・サンプリング・モードで [ホットスポット] 解析を実行するように事前設定されます。

  2. ローカルホスト上で解析を実行しない場合、[どこを] ペインで ボタンをクリックして対象とするターゲットシステムを選択します。

    ターゲットシステムは、インテル® VTune™ プロファイラー GUI がインストールされているシステムをホストシステムとすることもできます。インテル® VTune™ プロファイラーがインストールされているシステム (ターゲットシステムとホストシステムが同じ) で解析を実行する場合、ターゲットシステムはローカルと呼ばれます。ローカル以外のターゲットシステムは、リモートシステムと呼ばれます。しかしながら、ローカルとリモートシステムの両方がアクセス可能なターゲットです。つまり、直接 (ローカル)、または接続を介した (リモートターゲットへの SSH 接続など) アクセスが可能であることを意味します。

    ローカルホスト

    ローカル・ホスト・システム上で解析を実行。

    ターゲットシステムのタイプには、macOS* は利用できません。

    リモート Linux* (SSH)

    リモート Linux* または組込み Linux* システムで解析を実行。インテル® VTune™ プロファイラーは、リモートシステムの接続に SSH プロトコルを使用します。リモート Linux* ターゲットシステムの username、hostname、および port (必要であれば) を [SSH の対象] フィールドに username@hostname[:port] の形式で指定します。

    Android* デバイス (ADB)

    Android* デバイス上で解析を実行。インテル® VTune™ プロファイラーは、Android* デバイスに接続するため Android* デバッグブリッジ (ADB) を使用します。[ADB の対象] フィールドに、解析するターゲットの Android* デバイスを指定します。ADB 接続が設定されると、インテル® VTune™ プロファイラーは自動的に利用可能なデバイスを検出してメニューに表示します。

    任意のホスト (未接続)

    現在のホストから直接アクセスできないプラットフォーム (任意のホストと呼ばれます) 向けにコマンドラインによる設定を生成します。

  3. [何を] ペインで [アプリケーションを起動] を指定するか、参照ボタン をクリックして異なるターゲットタイプを選択します。

    アプリケーションを起動 (事前選択)

    [アプリケーションを起動] ペインを有効にし、解析するアプリケーションのバイナリーファイルまたはスクリプトを選択して設定します。

    このターゲットタイプは、Android* アプリケーションのホットスポット解析ではサポートされません。代わりに、[プロセスにアタッチ] または [Android* パッケージを起動] タイプを使用します。

    プロセスにアタッチ

    [プロセスにアタッチ] ペインを有効にし、解析するプロセスを選択して設定します。

    システムをプロファイル

    [システムをプロファイル] ペインを有効にし、システム上で実行されるすべてのソフトウェアを監視するシステム全体の解析を設定します。

    Android* パッケージを起動

    [Android* パッケージを起動] ペインを有効にし、解析する Android* パッケージの名前を指定してターゲットオプションを設定します。

  • インテル® VTune™ プロファイラーをウェブサーバーとして使用する場合、利用可能なターゲットとターゲットシステムのリストは異なります。

  • ドライバーを使用しないイベントベースのサンプリングによるデータ収集向けに、インテル® VTune™ プロファイラーはローカルとリモートのアプリケーション起動、プロセスをアタッチ、およびシステム全体のプロファイル・ターゲットタイプをサポートしますが、これらのサポートは /proc/sys/kernel/perf_event_paranoid ファイルで指定される Linux* Perf プロファイルの資格情報に依存し、root 認証情報によりシステムの管理者が管理します。詳細は、http://man7.org/linux/man-pages/man2/perf_event_open.2.html (英語) の「perf_event related configuration files」をご覧ください。デフォルトでは、ユーザープロセスのみがユーザーとカーネル空間両方のプロファイルを許可されるため、[システムをプロファイル] ターゲットタイプを適用するには、perf_event_paranoid ファイルでより広範囲の資格情報を与える必要があります。

次にすることは?

解析システムとターゲットを指定して、[開始] ボタンをクリックしてホットスポット解析を実行するか、[どのように] ペインで (実行する解析タイプを選択) をクリックして別の解析タイプを選択します。

関連情報