インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

プラットフォーム・プロファイラー解析

インテル® VTune™ プロファイラーのプラットフォーム・プロファイラーを使用して、長時間 (数分から数時間) にわたってシステムのデータを収集します。この情報を利用して、CPU、メモリー、ネットワーク、ディスクの使用量などシステム全体の動作を把握できます。

どのように動作するか

プラットフォーム・プロファイラーを使用して、システムの構成、パフォーマンス、および動作を把握します。このアプリケーションを利用して、以下に注目します。

長時間にわたって全負荷を実行するシステムでデータを収集することもできます。典型的なワークフローでは、次の手順でプラットフォーム・プロファイラーを実行します。

  1. ターゲットシステム上でデータコレクターを使用して収集されたパフォーマンス・データを読み取ります。
  2. データを解析します。
  3. Web API および HTML ユーザー・インターフェイスを介してデータを表示します。

プラットフォーム・プロファイラーをダウンロード

プラットフォーム・プロファイラーは、インテル® VTune™ プロファイラーの一部としてインストールされます。

ワークフロー

プラットフォーム・プロファイラーは 2 つのコンポーネントで構成されています。

ワークフローには次の手順が含まれます。

プラットフォーム・プロファイラーを設定
  1. SUT でプラットフォーム・プロファイラーのコレクターを設定します。
  2. プラットフォーム・プロファイラー・ホストを設定します。
データを収集して解析
  1. SUT 上でデータを収集します。
  2. 収集されたデータをプラットフォーム・プロファイラー・ホストにアップロードします。
  3. ブラウザーでデータを解析します。

プラットフォーム・プロファイラー・ホストとコレクター・コンポーネントは、異なる OS 環境で実行できます。例えば、Linux* システムでコレクターを実行してデータを収集し、Windows* システムで実行されるプラットフォーム・プロファイラー・ホストを使用してアップロード/解析が可能です。

インテル® VTune™ プロファイラーをインストールした後、 プラットフォーム・プロファイラーを使用するにはいくつかの設定を完了する必要があります