インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

プラットフォーム・プロファイラー解析

プラットフォーム・プロファイラー解析タイプを使用して、システム全体の動作を取得できます。計算、メモリー、ストレージ、I/O、および相互接続に関連するプラットフォーム構成、利用率、パフォーマンス、およびインバランスの問題に関する情報を取得します。低オーバーヘッドの解析タイプを使用することで、長時間にわたる全負荷で実行されるシステムの特性評価が可能です。

プラットフォーム・プロファイラー解析は、特定のワークロードに対しシステムを選択および特性を評価するのに役立つシステムレベルの概要を分析します。これは、いくつかの点でシステム概要解析とは異なります。

  システム概要解析 プラットフォーム・プロファイラー解析
解析のタイプ 細粒度 粗粒度
解析のカバレッジ ハードウェアとソフトウェア ハードウェアのみ
ワークロードのタイプ 短時間の実行 (数分) 長時間の実行 (数時間)

プラットフォーム・プロファイラー解析を使用して、長時間実行するワークロードに最も適したハードウェアを利用するようにします。

解析の設定と実行

必要条件:プロジェクトを作成します。

  1. インテル® VTune™ プロファイラーの [ようこそ] 画面で [解析の設定] をクリックします。
  2. 解析ツリーの [プラットフォーム解析] グループで、[プラットフォーム・プロファイラー] 解析タイプを選択します。
  3. [何を] ペインで [システムをプロファイル] を選択します。必要に応じて、[詳細] セクションでデータ収集のサイズと時間制限を設定できます。
  4. 4. 解析を実行するには [開始] ボタンをクリックします。

コマンドラインからこの解析を実行するには、下部にある コマンドライン・ボタンを使用します。

データ収集が完了したら、プラットフォーム・プロファイラーのビューポイントでパフォーマンスの概要を確認します。

関連情報