インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

リモート Linux* ターゲットを設定

Windows*、Linux*、または macOS* ホストにインストールされたインテル® VTune™ プロファイラーを使用して、リモート Linux* システム上のコードのパフォーマンスを解析します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、通常のおよび組込み Linux* システム上の Linux* アプリケーションのリモート解析向けに次の使用モデルをサポートします。

リモート CLI と GUI 使用モデル

ターゲットシステムの要件。~25 MB のディスクスペース

このモードは、特にターゲットシステムのリソースに制約がある (ディスクスペース、メモリー、CPU 能力不足)、または高度にカスタマイズされた Linux* ターゲットシステムを使用する場合、インテル® VTune™ プロファイラーによってサポートされるほとんどのクロス開発に推奨されます。

リモート Linux* システムでデータを収集します。

1.インテル® VTune™ プロファイラーのインストール

ホストシステムにインテル® VTune™ プロファイラー製品のフルパッケージをインストールします。

2.解析のターゲットシステムを準備

  1. RSA キーを使用して、ターゲットへのパスワードなしの SSH アクセスをセットアップします。

  2. ターゲット Linux* システムにインテル® VTune™ プロファイラーのターゲットパッケージとデータコレクターをインストールします。

    デフォルト以外の場所にターゲットパッケージをインストールする場合、GUI の [どこを] ペインのリモートシステム・オプションでインテル® VTune™ プロファイラー・ディレクトリー、または CLI の -target-install-dir オプションを使用します。

  3. 必要に応じてホスト上でドライバーをビルドし、ターゲットシステムにコピーしてインストールします。

    Open Build Service (OBS) ビルドサービスを使用して、PRM からサンプリング・ドライバーをビルドするには、<install_dir>/sepdk/src ディレクトリーにある sepdk.spec ファイルを使用します。

3.リモート解析の設定と実行

  1. ホストシステムで、インテル® VTune™ プロファイラー GUI を開いて [解析の設定] を選択します。

  2. [どこを] ペインで、リモート Linux* システムへの SSH 接続を指定します。

  3. [何を] ペインで、リモートシステム上のターゲット・アプリケーションを指定します。ホスト上のファイナライズで必要なシンボル/ソースファイルの検索ディレクトリーを指定します。

  4. [どのように] ペインで、解析タイプを選択/設定します。

  5. 解析を開始します。

インテル® VTune™ プロファイラーはターゲット上でアプリケーションを起動し、データを収集して、解析結果とバイナリーファイルをホストにコピーした後にデータをファイナライズします。

4.結果を表示

ホスト上で収集したデータを表示します。

ネイティブ使用モード

ターゲットシステムの要件: ~200 MB のディスクスペース。

このモードは、製品のリリースノートに記載されるサポート対象のオペレーティング・システム・リストにある Linux* ターゲットシステムに推奨されます。このモードでは、フル機能のインテル® VTune™ プロファイラー製品をホストシステムにインストールし、インテル® VTune™ プロファイラーのコマンドライン・インターフェイス vtune をターゲットシステムにインストールします。これにより、ターゲットでネイティブデータ収集を実行できます。

次の図は、vtune を使用してターゲットシステム上で直接実行されるリモート解析の概要を示します。

ネイティブ使用モードでリモートシステムの解析を設定して実行するワークフローの手順は、リモート・コレクター・モードと類似しています。

ネイティブ・サンプリング・コレクター (SEP) 使用モード

サンプリング・コレクター (SEP) は、リソースが限定されるシステムをターゲットとした、ハードウェア・イベントベース・サンプリング解析向けのコマンドライン・ツールです。SEP パッケージは、インテル® VTune™ プロファイラーのターゲットパッケージに含まれます。SEP パッケージには、サンプリング・ドライバーのビルドに必要な sep ユーティリティーと、sepdk ソースコード (pax.kosep4_x.ko 向け) が含まれます。

SEP を利用するには、vtune_profiler_target_sep_x86.tgz または vtune_profiler_target_sep_x86_64.tgz ファイルから SEP パッケージを展開し、ドライバーをビルドしてドライバーと sep ユーティリティーをターゲットにアプロードしてから、コマンドラインでイベントベース・サンプリングでパフォーマンス・データを収集します。詳細については、サンプリングを有効にする製品ユーザーガイド (英語) をご覧ください。

インテル® VTune™ プロファイラーは、サンプリング・ドライバーをビルドするために必要な sepdk ソースも提供します。インテル® VTune™ プロファイラーと同じ SEP ドライバーを使用する場合、このソースコードは、SEP パッケージで提供されるソースコードと同一です。インテル® VTune™ プロファイラーの sepdk ソースには、SEP パッケージには含まれないイベントベース・スタック・サンプリング・データ・コレクターのソースも含まれます。

関連情報