インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

io コマンドライン解析

これは、Windows* ではプレビュー機能です。プレビュー機能は、正式リリースに含まれるかどうか未定です。皆さんが機能に対する有用性のフィードバックを送ることで、将来の採用決定の判断に役立ちます。プレビュー機能で収集されたデータは、将来のリリースで下位互換が提供される保証はありません。parallel.studio.support@intel.com または intelsystemstudio@intel.com へフィードバックをお送りください。

この収集タイプでは、ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集とシステム全体の Ftrace 収集 (Linux* と Android* ターゲット)/ETW 収集 (Windows* ターゲット) を使用して、ハードウェア・イベントとストレージ・サブシステムを組み合わせた一貫したビューを提供し、ユーザーレベルのソースコードとハードウェアで実行される I/O パケットを関連付けを容易にします。

この解析アクティビティーは、カーネル・ブロック・ドライバー・システムによって生成されるデータに依存します。プラットフォームで標準以外のブロック・ドライバー・サブシステム (ユーザー空間のストレージデバイスなど) が使用されている場合、解析タイプで I/O メトリックを使用できません。

入出力解析を使用して以下を特定します。

構文

vtune -collect io [-knob <knobName=knobValue>] [-- target] [target_options]

Knob: kernel-stackcollect-memory-bandwidthdram-bandwidth-limits。Linux* のみ: dpdkspdk

必要条件:

例 1: ターゲット・アプリケーションを指定するディスク入出力解析

この例では、Linux* ターゲット・アプリケーションを指定し、システム全体のプロファイルを有効にして、ディスク入出力解析を行う方法を示します。

vtune -collect io -knob kernel-stack=true -analyze-system -- /home/test/myApplication

例 2: ターゲット・アプリケーションを指定しない SPDK 入出力解析

この例は、ターゲット・アプリケーションを指定せずに、システム全体の SPDK 入出力解析を 30 秒間実行する方法を示しています。

vtune -collect io -knob kernel-stack=false -knob spdk=true --duration 30

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報