インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

結果ファイルの管理

インテル® VTune™ プロファイラーで収集した結果の設定をカスタマイズします。

結果名を設定

既存の結果名を変更したり、結果名のテンプレートを変更して解析結果の命名方法を決定できます。

Microsoft* Visual Studio * IDE で既存の名前を変更するには、次の操作を行います。

  1. ソリューション・エクスプローラーの結果を右クリックして、コンテキスト・メニューを開きます。

  2. ソリューション・エクスプローラーで [名前の変更] をクリックして、名前を変更します。 .vtune 拡張子は変更しないでください。

製品のスタンドアロン・バージョンでも、 プロジェクト・ナビゲーター[結果の名前変更] コンテキスト・メニューを使用して同様の操作ができます。

デフォルトの結果名テンプレートを変更するには、次の操作を行います。

  1. [結果の場所] ペインを開きます。

    • Visual Studio* IDE: [ツール] > [オプション] >[Intel VTune Profiler version] > [Result Location] ペインに移動します。

    • スタンドアロン・インターフェイス: メニューボタンをクリックし、 [オプション...] > [結果の場所] で指定します。

  2. [結果名テンプレート] テキストボックスで、新しい解析結果の命名方法を変更します。デフォルトでは、 r@@@{at} スキームが適用されます。 {at} は解析タイプを示します (例えば、 hs はホットスポット)。

    テンプレートから @@@ を削除しないでください。これは、同じ解析設定で複数実行を可能にするプレースホルダーです。

結果の場所を設定

Microsoft* Visual Studio* に統合された製品バージョンでは、解析結果は Visual Studio* プロジェクトの既定の場所に保存されます。スタンドアロン・インターフェイスでは、解析結果はプロジェクト・ディレクトリーのサブディレクトリーに保存されます。 [何を] 設定ペインの [高度] セクションで、デフォルトの場所を確認できます。

結果の場所を変更するには、次の操作を行います。

  1. [解析の設定] ツールバー・ボタンをクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。

  2. [どこを] および [何を] ペインで、ターゲットシステムとターゲットタイプを選択します。

  3. [高度] なオプションセクションを展開して、 [他のディレクトリーに結果を保存 (およびファイルへのリンクを作成)] フィールドを有効にして、ディレクトリーを指定します。

以降の解析結果は、このタブで定義したフォルダー下に配置されます。