インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

コマンドラインから解析の持続時間を管理

実行時間の短いターゲットで最良の結果を得られるように、または実行時間の長いターゲットで収集のオーバーヘッドを最小限にするため、解析持続時間を管理します。

vtune コマンドライン・インターフェイスを使用して、解析プロセスを最適化しながら実行時間を最小化します。

デフォルトの持続時間を使用

インテル® VTune™ プロファイラーは、オーバーヘッドを妥当なレベルに抑制するため、事前定義された一般的な解析タイプを備えています。collect アクションのオプション・リファレンス・トピックで開始点として推奨される解析タイプを特定します。そして、オーバーヘッドが高いさらに高度な解析タイプを検討します。

プロセッサーで利用可能なすべての解析タイプを確認するには、次のコマンドライン・ヘルプを使用します。

vtune -help collect

収集の持続期間をアプリケーションに合わせる

サンプリング間隔によって収集されるデータ量が決まります。デフォルトのサンプリング間隔は short であり、これは 1 から 15 分で完了するターゲットに適しています。

ターゲットの実行時間がこれよりも短いか長い場合、サンプリング間隔を調整する target-duration-type アクションオプションを使用して適切な持続時間を設定します。

ハードウェア・イベントベースの解析タイプでは、サンプリング間隔値 (SAV) に乗数が適用されます。

15 分から 3 時間の持続時間のターゲットで、中程度のサンプリング間隔を使用してユーザーモード・サンプリングのホットスポット解析を実行します。

vtune -collect hotspots -target-duration-type medium -- myApp

手動の割り込みと解析の再開

解析を手動で一時停止するには、新しいターミナルを開き command アクションと pause 引数を使用して、結果ディレクトリーを指定します。ターゲットプロセスは実行を続けますが、データ収集は一時停止します。

vtune -command pause -result-dir results/r002hs

解析を再開するには、command アクションと resume 引数を使用します。

vtune -command resume -r results/r002hs

解析を停止するには、command アクションと stop 引数を使用します。解析をいったん停止すると再開することはできません。

vtune -command stop -r results/r002hs

収集持続時間の設定

インテル® VTune™ プロファイラーには、解析プロセスを制限する他の方法があります。ターゲットの実行開始後、指定する時間で解析を停止するには、duration オプションを使用します。

vtune -collect <analysis_type> -duration=<value> -- <target>

説明:

解析を一時停止モードで開始、または解析中に収集を一時停止するには、「コマンドラインから収集をポーズ」を参照してください。

例 1: 指定する時間で解析を終了

myApplication のホットスポット解析を開始し、60 秒後に解析を終了します。

vtune -collect hotspots -duration=60 -- /home/test/myApplication

例 2: 無制限の持続時間で解析を実行

無制限のホットスポット解析を実行します。これは、停止するまで実行されます。

vtune -collect hotspots -duration=unlimited -result-dir results/r002hs

関連情報