インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

スレッドの並行性

アクティブなスレッド数は、アプリケーションの並行性レベルに相当します。並行性レベルとプロセッサー数を比較することにより、インテル® VTune™ プロファイラーは、アプリケーションが利用可能なプロセッサーをどのように使用しているか分類します。そして、プロセッサーのコア数に応じてデフォルトの利用率範囲を定義し、[サマリー] および [ボトムアップ] ウィンドウにスレッドの並行性を表示します。[サマリー] ウィンドウのスライドバーを調整することで、利用率のしきい値を変更できます。

スレッドが実行可能な状態にあっても CPU 時間を消費していない場合、スレッドの並行性は CPU 利用率よりも高くなる可能性があります。インテル® VTune™ プロファイラーは、物理コア数をデフォルトとしてアプリケーションのターゲット並行性レベルを定義します。

利用率タイプ

デフォルトの色

説明

アイドル

すべてのスレッドが待機中です。実行中のスレッドはありません。スレッドの並行性分布図には、アイドル利用率を示すノードが 1 つ存在します。

低い

低い利用率。デフォルトでは、低い利用率はスレッド数がターゲットの並行性の 50% 未満の状態です。

OK

許容 (OK) できる利用率。デフォルトでは、OK となる利用率はスレッド数がターゲットの並行性の 51% ~ 85% の状態です。

理想的

理想的な利用率。デフォルトでは、理想的な利用率はスレッド数がターゲットの並行性の 86% ~ 115% の状態です。

過剰

過度な利用率。デフォルトでは、過剰な利用率はスレッド数がターゲットの並行性の 115% を超える状態です。

関連情報