インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

no-summary

サマリーレポートの生成を抑制します。

GUI オプション

ウィンドウ: サマリー - ホットスポット

構文

-no-summary

-summary

デフォルト

サマリーレポートは、collect または collect-with アクションを実行後 stdout に生成されます。

影響するアクション

collect

説明

collect や collect-with など特定のアクションを実行するとサマリーが生成され、デフォルトでは stdout に出力されます。この動作を抑制するには、データ収集時に no-summary オプションを使用します。大規模なアプリケーションを解析する場合、これにより時間とシステムのリソースを節約できます。

この例では、サマリーレポートを生成せずにサンプル・アプリケーションのホットスポット解析を実行します。

Windows*:

vtune -collect hotspots -no-summary -- C:\test\sample.exe

Linux*:

vtune -collect hotspots -no-summary -- /home/test/sample

関連情報