インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

LLC 置換比率

メトリックの説明

キャッシュラインがラスト・レベル・キャッシュに取り込まれると、ラインを置き換えるためキャッシュラインを排出する必要があります。アクティブに使用されるキャッシュラインが排出されると、データをキャッシュラインに繰り返し読み戻すことによりパフォーマンスの問題が生じる可能性があります。このメトリックは、各行に起因するすべての置換のパーセンテージを測定します。例えば、グループが '関数' に設定されている場合、このメトリックは各関数によるすべての置換の割合を示し、合計で 100% となります。

考えられる問題

これはすべてのラスト・レベル・キャッシュ置換の大部分に相当します。一部の置換は避けられないものであり、高い頻度の置換は必ずしも問題の可能性を示すものではありません。特定のグループに対する大量のラスト・レベル・キャッシュ・ミスの原因を調査する場合にのみ、このメトリックを考慮します。これらの置換が問題としてマークされている場合、(例えば、使用頻度の低いデータを頻繁に使用されるデータから切り離して未使用のデータがキャッシュを占有しないように) データ構造を再配置したり、(排出される前に可能な限り多くのデータを使用するように) 操作の順番を変更します。

関連情報