インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

コマンドラインから結果ディレクトリーを指定

コマンドラインを使用して作業する場合、結果ディレクトリーの PATH/名前を指定するのが一般に安全です。結果を入力とするアクションを実行する場合、結果がデフォルト・ディレクトリーに作成されていても、結果ディレクトリーを指定する方が安全です。

結果ディレクトリーの PATH/名前を指定するには、-result-dir | -r アクションオプションを使用します。これには、絶対パスもしくは現在の作業ディレクトリーへの相対パスを指定します。

結果パスのベース・ディレクトリーを指定するには、user-data-dir アクションオプションを使用します。

このコマンドは、test という名前の現在の作業ディレクトリーで、myApplication のホットスポット解析を実行します。結果は、/home/test/ ディレクトリーにあるデフォルト名のディレクトリーに保存されます。これが最初のホットスポット解析の実行である場合、結果ディレクトリー名は r000hs となります。

vtune -collect hotspots -result-dir=/home/test/ -- /home/test/myApplication

この結果からレポートを生成するには、結果ディレクトリーを指定する必要があります。

vtune -report hotspots -r=/home/test/ -- /home/test/myApplication

関連情報