インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

FreeBSD* ターゲット

インテル® VTune™ プロファイラーは、FreeBSD* ターゲットシステム上でパフォーマンス・データを収集することができます。

インテル® VTune™ プロファイラーは、FreeBSD* ターゲットシステムにはインストールされていません。代わりに、インテル® VTune™ プロファイラーは Linux*、Windows*、または macOS* ホストシステムにインストールし、リモートの FreeBSD* ターゲットシステムでイベントベースのサンプリング・データを収集するターゲットパッケージを使用できます。

次に、オプションの詳細を説明します。

サポートされる機能

リモート収集

ローカル収集

インテル® VTune™ プロファイラー GUI またはコマンドライン (vtune) を使用した、Linux*、Windows*、または macOS* ホストシステムからの収集

以下を使用した FreeBSD* システムからの収集:

  • インテル® VTune™ プロファイラー・コマンドライン (vtune)
  • サンプリング・イネーブル製品 (SEP) コレクター

解析タイプ

解析タイプ (コマンドラインのみ)

ホスト上で結果を表示

Linux*、Windows*、または macOS* ホスト上のインテル® VTune™ プロファイラーで結果を表示します

FreeBSD* システムでは ITT API はサポートされません。

ホストシステムからリモート収集

  1. Linux*、Windows*、または macOS* *ホスト上にインテル® VTune™ プロファイラーをインストールします。詳細は、ホストシステムのインストール・ガイドを参照してください。

  2. FreeBSD* ターゲットシステム上で適切なサンプリング・ドライバーをインストールドします。詳細は、「FreeBSD* システムの設定」を参照してください。

  3. [オプション] スタックを使用してパフォーマンス・データを収集する場合、-fno-omit-frame-pointer コンパイラー・オプションで FreeBSD* ターゲット・アプリケーションをビルドし、サンプリング・コレクターがフレームポインター解析で呼び出しチェーンを決定できるようにします。

  4. インテル® VTune™ プロファイラーのコマンドラインまたは GUI で、ホストシステムからリモート解析を使用してパフォーマンス・データを収集します。

    1. プロジェクトを作成または開きます。

    2. ターゲット・アプリケーションとリモートシステムを指定し、ホスト上のファイナライズで必要なシンボル/ソースファイルの検索ディレクトリーを指定します。

    3. 解析タイプの選択と設定

      インテル® VTune™ プロファイラーでサポートされる解析タイプ (イベントベース・サンプリング解析のみ) は次の通りです。

    4. ホストから解析を実行します。設定に応じて、アプリケーションは自動的に起動し実行されます。収集が終了すると、結果はファイナライズされ、[サマリー] ウィンドウが開いて表示されます。

  5. ホストシステム上で結果を参照します。

FreeBSD* システム上でネイティブ収集

  1. Linux*、Windows*、または macOS* *ホスト上にインテル® VTune™ プロファイラーをインストールします。詳細は、ホストシステムのインストール・ガイドを参照してください。

  2. FreeBSD* ターゲットシステム上で適切なサンプリング・ドライバーをインストールドします。詳細は、「FreeBSD* システムの設定」を参照してください。

  3. [オプション] スタックを使用してパフォーマンス・データを収集する場合、-fno-omit-frame-pointer コンパイラー・オプションで FreeBSD* ターゲット・アプリケーションをビルドし、サンプリング・コレクターはフレームポインター解析を介して呼び出しチェーンを決定できます。

  4. 次のいずれかの方法でパフォーマンス・データを収集します。それぞれの方法の詳細については、「リモート Linux* ターゲットの設定」を参照してください。

    • インテル® VTune™ プロファイラーのコマンドライン (vtune) を使用して、ターゲットシステムでネイティブ解析を行います。サポートされる解析タイプには以下が含まれます。hotspotsuarch-explorationmemory-access、または custom イベントベース・サンプリング解析。

    • SEP (sampling enabling product) コレクターを使用して、ターゲットシステムでネイティブ解析を行います。詳細については、『Sampling Enabling Product ユーザーガイド』 (英語) をご覧ください。

  5. 結果をホストシステムにコピーします。

  6. インテル® VTune™ プロファイラーで結果を確認します。

    • vtune コマンドを使用した場合、*.vtune ファイルを開きます。

    • SEP データを収集した場合、*.tb7 ファイルをインポートします。

関連情報