インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

コマンドライン・レポートの保存と形式

デフォルトで、レポートはテキスト形式で標準出力 (stdout) に書き込まれますが、vtune ツールのオプションを使用してレポートの形式を制御できます。

レポートをファイルに保存

コマンドラインからレポートを生成する場合、report-output オプションを使用して指定する形式でレポートを保存できます。ほとんどのレポートはテキスト形式で保存されますが、CSV を選択することもできます。どのファイルタイプを選択しても、レポートの形式を設定するいくつかのオプションが用意されています。

基本的なコマンド構文を示します。

vtune -report <report_type> -result-dir <dir> -report-output <path/filename.ext>

説明:

正しい結果を使用するには、result-dir オプションで結果ディレクトリーを指定します。レポートの生成時に結果が指定されない場合、レポートは現在の作業ディレクトリーから互換性のある最も新しい結果を使用します。

例:

Linux* 上で r001hs 結果からホットスポット・レポートを生成して、テキスト形式で /home/test/MyReport.txt に保存します。

vtune -report hotspots -result-dir r001hs -report-output /home/test/MyReport.txt

最も新しい結果から CSV 形式でホットスポット・レポートを生成して、現在の Linux* 作業ディレクトリーに保存します。format オプションと csv 引数を使用して、csv-delimiter オプションで comma などの区切り文字を指定します。

vtune -R hotspots -report-output MyReport.csv -format csv -csv-delimiter comma
Module,Process,CPU Time
worker3.so,main,10.735
worker1.so,main,5.525
worker2.so,main,3.612
worker5.so,main,3.103
worker4.so,main,1.679
main,main,0.064 

行幅を制限

可読性を高めるため行幅を制限するには、report-width オプションを使用して 1 行あたりの最大文字数を指定します。

最も新しい結果から、行あたり 60 文字のテキストファイルでホットスポット・レポート出力します。

vtune -report hotspots -report-width 60 -report-output MyHotspotsReport.txt

関連情報