インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Android* ターゲットのサンプリング・ドライバーのビルドとインストール

インテルが提供する SDV 用のリファレンス・ビルドを含む、一部の Android* システムで必要なドライバーは、/lib/modules または /system/lib/modules にインストールされています。ドライバーがこれらのディレクトリーに含まれていない場合、コマンドラインから手動でビルドする必要があります。オプションで、ドライバーを Android* ビルドに統合して、オペレーティング・システムの構築時にドライバーをビルドしてインストールすることもできます。

Android* ではドライバーの署名が必要です。Android* カーネルがビルドされるたびにランダムな秘密鍵/公開鍵が生成されます。ドライバーは、ロードされるランダムな公開鍵で署名されている必要があります。ドライバー (socperf2_x.kopax.kosep4_x.kovtsspp.ko) は同じキーで署名され、Android* ターゲットシステムにインストールされているカーネルヘッダー/ソース向けにコンパイルされている必要があります。

インテル® VTune™ プロファイラーには、Linux* ホストシステムで新しいドライバーをビルドして、ターゲットの Android* システムにインストールする選択肢があります。これはデフォルト動作ではなく、適切なカーネルヘッダー/ソースと署名鍵を提供する場合にのみ作用します。例えば、インテル® VTune™ プロファイラーは、PMU ドライバーをビルドする際に --with-drivers オプションを使用し、設定済みのカーネルヘッダー/ソースのパスを指定するのに --kernel-src-dir オプションを使用します。

ホスト Linux* システムでサンプリング・ドライバーをビルドするには、次のコマンドを実行します。

<install-dir>/bin{32,64}/vtune-androidreg.sh --package-command=build --with-drivers --kernel-src-dir=/ path /to/configured/kernel/sources [--jitvtuneinfo=jit|src|dex|none]

Linux* ホストからサンプリング・ドライバーをインストールするには、次のコマンドを実行します。

<install-dir>/bin{32,64}/vtune-androidreg.sh --package-command=install --with-drivers --kernel-src-dir=/ path/to/configured/kernel/sources [--jitvtuneinfo=jit|src|dex|none]

ドライバーのビルド後に署名するには、次のコマンドを実行します。

通常、ドライバーをビルドする際に、キーを所有するカーネルソースを利用できる場合、インテル® VTune™ プロファイラーはドライバーを自動的に署名します。それ以外は、次のコマンドを使用して手動でドライバーを署名します。

$KERNEL_SRC/source/scripts/sign-file CONFIG_MODULE_SIG_HASH $KERNEL_SRC/signing_key.priv $KERNEL_SRC/signing_key.x509 driver.ko

CONFIG_MODULE_SIG_HASH 値は、$KERNEL_SRC/.config ファイルから抽出されます。

その時点で生成された署名鍵と、ターゲット向けにビルドされたカーネルのシステムの鍵が同じであることを確認してください。

関連情報