インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

finalization-mode

完全にファイナライズ、ファイナライズを遅延、またはファイナライズをスキップを指定します。

GUI オプション

[解析の設定] ウィンドウの > [何を] ペインで > [高度] セクション > [ファイナライズ・モードの選択の解析] オプション

構文

finalization-mode=<value>

引数

full

ターゲットシステムで完全にファイナライズします。

fast

後処理をスピードアップするため、ロードするサンプル数を減らします。

deferred

バイナリー・チェックサムのみを計算し、ファイナライズは別のマシンで行います。

none

ファイナライズをスキップします。

デフォルト

fast

vtune は、ロードするサンプル数を減らし高速ファイナライズを行います。

影響するアクション

collectcollect-withimportfinalize

説明

データ収集、ファイナライズ、またはインポートを行う場合に、finalization-mode オプションを使用して結果のファイナライズ・モードを設定します。

Windows* では、インテル® メニー・インテグレーテッド・コア (インテル® MIC) アーキテクチャーをベースとするインテル® Xeon Phi™ プロセッサーの解析を実行する場合、deferred (遅延) ファイナライズ・モードを使用して、ホストマシン上でファイナライズ、表示、解析を行います。データ収集が完了したら、解析結果をホストシステムにコピーしてファイナライズを行います。詳細は、「インテル® Xeon Phi™ プロセッサー・ターゲット」をご覧ください。

次のコマンドは、Windows* 上でホットスポット解析を開始しバイナリーのチェックサムのみを計算して、別のマシンでファイナライズを行います。

vtune -collect hotspots -knob sampling-mode=hw -finalization-mode=deferred -- C:\test\myApp.exe

関連情報