インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Windows* システム・ライブラリーのデバッグ情報

デフォルトの Microsoft* Visual Studio* IDE はリリースモードでは PDB 情報を生成しません。インテル® VTune™ プロファイラーで適切に結果を解析するには、手動でシンボルの生成を有効にします。システム・ライブラリーでは、以下のいずれかのオプションで Microsoft* シンボルサーバーを使用して、Microsoft* のウェブサイトから必要な PDB ファイルをダウンロードします。

この機能を使用しても、インテル® VTune™ プロファイラーはシステムファイルのデバッグ情報を Microsoft* シンボルサーバーで自動検索しません。

  • インターネット接続が必要です。使用するネットワーク環境でインターネットにアクセスできることを確認してください。

  • また、この機能を使用すると収集結果のファイナライズでオーバーヘッドが生じます。ローカルシステムでデバッグ情報が見つからないモジュールに対し、シンボルサーバーへの要求が送信されます。シンボルサーバーでシンボルが見つかった場合、シンボルファイルをダウンロードする待ち時間が生じます。

  • ダウンロードしたファイルを格納するディスクスペースが必要です。システムモジュールのシンボルが使用されない場合、このディスクスペースは無駄になります。

  • アンワインドは行われません。ほとんどの場合、システムコールとモジュールに費やされた時間を詳しく調査する必要は無いでしょう。その場合、システムファイルのシンボルを自動的にダウンロードするのは無駄になります。

Visual Studio* IDE から Microsoft* シンボルサーバーを設定

以下の手順は、Microsoft* Visual Studio* 2015 統合開発環境 (IDE) を対象としています。他のバージョンの Visual Studio* では、多少異なる場合があります。

  1. マシンがインターネットにアクセスできることを確認してください。

  2. [ツール] > [オプション...] を選択します。

    [オプション] ダイアログボックスが開きます。

  3. 左のペインから[デバッグ] > [シンボル] を選択します。

  4. [シンボル ファイル (.pdb) の場所] フィールドで [Microsoft シンボル サーバー] オプションを選択し、デフォルトで提供される、または ボタンをクリックして次のアドレスをリストに追加します: http://msdl.microsoft.com/download/symbols

  5. 追加したアドレスがチェックされていることを確認してください。

  6. [このディレクトリーにシンボルをキャッシュ] フィールドで、ダウンロードしたシンボルファイルを格納するディレクトリーを指定します。

    Microsoft* シンボルサーバーからシンボルを一度だけダウンロードし、以降はローカルストレージを使用する場合は、キャッシュ・ディレクトリーに、srv*<local_dir> の形式で指定します。例: srv*C:\Windows\symbols

    以下の例を参照してください。



  7. [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    新しく収集された結果では、インテル® VTune™ プロファイラーは結果をファイナライズしながらシステム・ライブラリーのデバッグ情報を自動でダウンロードします。しかし、すでに収集されている結果では、インテル® VTune™ プロファイラーがシステム・ライブラリーのデバッグ情報をダウンロードできるように、結果を再設定する必要があります。結果を再ファイナライズするには、[ソシューション エクスプローラー] で結果ノードを右クリックして、[再解決して開く] を選択します。

シンボルサーバーを使用すると、インテル® VTune™ プロファイラーがシステム・ライブラリーのデバッグ情報を [オプション] で指定するローカル・ディレクトリー (例えば、C:\Windows\symbols) に初めてダウンロードするとき、処理の完了に時間を要することがあります。それ以降のファイナライズは早く行われます。

インテル® VTune™ プロファイラーのスタンドアロン GUI から Microsoft* シンボルサーバーを設定

  1. ツールバーの [解析の設定] ボタンをクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。

  2. 下にある [バイナリー検索] ボタンをクリックします。

  3. 検索ディレクトリーのリストに次の文字列を追加します。

    srv*C:\local_symbols_cache_location*http://msdl.microsoft.com/download/symbols

    local_symbols_cache_location はローカルシンボルの場所です。システム・ライブラリーのデバッグシンボルはこの場所にダウンロードされます。

    プロジェクトごとに異なるディレクトリーを指定すると、同じファイルが複数回ダウンロードされ、オーバーヘッドの原因となります。Visual Studio* プロジェクトでシンボルサーバーのキャッシュ・ディレクトリーを定義している場合、キャッシュ・ディレクトリーに存在するシンボルと重複しないように、スタンドアロンのインテル® VTune™ プロファイラーでも同じディレクトリーを使用します。

環境変数の設定

環境変数 (システムまたはユーザー) _NT_SYMBOL_PATHsrv*C:\local_symbols_cache_location*http://msdl.microsoft.com/download/symbols を設定します。

関連情報