インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Android* アプリケーションの解析準備

インテル® VTune™ プロファイラーで解析を始める前に、Andtoid* アプリケーションが要件を満たしてコンパイルされていることを確認してください。

コンパイル設定

パフォーマンス解析は、最適化されたバイナリーとサンプルをソースコードに関連付けるのに必要なシンボルがある場合にのみ有用です。次の設定を行います。

デフォルトでは、JNI を使用する Android* アプリケーションの Android* NDK ビルドプロセスは、シンボルを含む .so ファイルを作成します。

シンボル付きのアプリケーションのバイナリーは、[ApplicationProjectDir]/obj/local/x86 にあります。

.apk ファイルによってターゲット Android* システムにインストールされたストリップされたバイナリーは、[ApplicationProjectDir]/libs/x86 に移動します。このバージョンのバイナリーをインテル® VTune™ プロファイラーで使用してもソースを検出できません。ただし、ストリップされたバイナリーをターゲットシステム上で実行してデータを収集し、後でシンボルを含むバイナリーを使用して解析を行うことができます (バイナリーが完全に同一である場合)。

インテル® VTune™ プロファイラーはデータの収集を完了すると、デバイスから .so ファイルをコピーします (シンボルは含まれません)。これにより、サンプルをアセンブリー・コードに関連付ける基本的な機能を使用できます。

ヒント

ITT API を使用して、アプリケーションでインストルメントを行うことで、パフォーマンス・データの収集を制御できます。

関連情報