インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Linux* ターゲット

インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、ローカルおよびリモート Linux* ターゲットシステムのパフォーマンス解析を行います。

Linux* ターゲットを解析するには、次の操作を行います。

  1. 解析するターゲット・アプリケーションを準備します。

    • システムのバージョンに適合したデバッグ情報パッケージをダウンロードおよびインストールするため、 システムカーネルのデバッグ情報のダウンロードを有効にします。

    • コードのコンパイル時に -g オプションを使用して、 アプリケーションのバイナリーのデバッグ情報のダウンロードを有効にします。 パフォーマンス解析をより効率良く行うため、推奨されるコンパイラー・オプションを使用することを検討してください。

    • ターゲットを リリースモードでビルドします。

    • チューニングによるパフォーマンス向上を比較するため、ベースラインとなるパフォーマンス・データを取得します。

      例えば、あるファイルを圧縮するのにどれくらいの時間がかかるかを確かめるには、コードをインストメントします。これらのタイミングデータを提供するために補強されたオリジナルのターゲットコードは、パフォーマンスのベースラインとして参照されます。ターゲットコードを変更するごとに、最適化されたターゲットのパフォーマンス・メトリックをベースラインと比較し、パフォーマンスが向上したかどうか確認します。

  2. 解析するターゲットシステムを準備

  3. インテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトを作成して、必要な パフォーマンス解析を実行します。

関連情報