インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

バスロック

メトリックの説明

インテル® プロセッサーは、クリティカルなメモリー操作の間システムバスや同等なリンクをロックするため、自動的にアサートされる LOCK# シグナルを備えています。この出力シグナルがアサートされていると、ほかのプロセッサーやバス・エージェントからのバス制御要求はブロックされます。このメトリックは、バス上に LOCK# シグナルがアサートされている間のバスサイクル比率を測定します。キャッシュ不可なメモリーによるロックされたメモリーアクセス、2 つのキャッシュラインにまたがるロックされた操作、およびキャッシュ不可なページテーブルからのページウォークがある場合、LOCK# シグナルがアサートされます。

考えられる問題

バスロックには非常に高いパフォーマンス上のペナルティーが課せられます。メモリーの同時アクセスを改善するため、ロックされたメモリーへのアクセスを避けることを強く推奨します。

ヒント

[ソース/アセンブリー] ビューの BUS_LOCK_CLOCKS.SELF イベントを調査して、LOCK# 信号がアサートされている場所を特定します。自身がアサートしている場合、メモリー・レイテンシーや再発行などのバックエンドの問題を調べてください。スキッドを考慮します。

関連情報