インテル® VTune™ プロファイラー (macOS* 版) 導入ガイド

インテル® VTune™ プロファイラーは、ローカルの macOS* ターゲットのパフォーマンス解析をサポートしていません。macOS* ホストからリモート Linux* または Android* ターゲットのパフォーマンス解析を行うには、次のいずれかの手順を実行します。

ここでは、macOS* ホストシステムのインテル® VTune™ プロファイラーから SSH アクセスを使用してリモートの Linux* ターゲットシステムに接続し、パフォーマンス・データを収集します。

解析を始める前に

  1. Linux* アプリケーションは、シンボル情報付きですべての最適化を有効にしてリリースモードでビルドします。詳細については、オンラインの『インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド』を参照してください。

  2. ホストの macOS* システムからターゲットの Linux* システムへのパスワードなしの SSH アクセスを設定します。

ステップ 1: インテル® VTune™ プロファイラーの開始

  1. vtune-gui コマンドでインテル® VTune™ プロファイラーを起動します。

    デフォルトでは、<install_dir> は、/Applications/Intel VTune Profiler <バージョン>.app になります。

  2. [Welcome] ページで [New Project...] をクリックします。

  3. [Create Project] ダイアログボックスで、プロジェクト名と場所を指定します。

  4. [Create Project] をクリックします。

ステップ 2: 解析の設定と実行

新規プロジェクトを作成すると、[Configure Analysis] ウィンドウが開きます。

  1. [WHERE] ペインで、[Remote Linux (SSH)] を選択し、username@hostname[:port] の形式でターゲットの Linux* システムを指定します。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、Linux* システムに自動的に接続してターゲットパッケージをインストールします。

  2. [WHAT] ペインで、[Launch Application] を選択し、ターゲット Linux* システム上のアプリケーションの場所を設定します。

  3. アプリケーションを起動してホットスポット・データの収集を開始するには、[Start] ボタンをクリックします。

ステップ 3: パフォーマンス・データの表示と解析

データ収集が完了すると、インテル® VTune™ プロファイラーは解析結果を macOS* システムで表示します。[Summary] ウィンドウで解析を開始します。ここでアプリケーションのパフォーマンスの概要を把握し、別のウィンドウに切り替えて詳しく調査します。

[Insights] セクションは、パフォーマンス改善の可能性を示します。