インテル® VTune™ プロファイラー (Windows* 版) 導入ガイド

解析を始める前に

Microsoft* Visual Studio* からインテル® VTune™ プロファイラーを使用する場合、vars.bat を実行する必要はありません。

ステップ 1: インテル® VTune™ プロファイラーの開始

次のいずれかの方法でインテル® VTune™ プロファイラーを開始します。

開始する場所

インテル® VTune™ プロファイラーの開始方法

スタンドアロン (GUI)

インテル® System Studio IDE

  1. vtune-gui コマンドを実行するか、[スタート] メニューから [VTune Profiler <バージョン>] を起動します。

    インテル® System Studio IDE から、[Tools] > [VTune Amplifier] > [Launch VTune Amplifier] を選択します。これにより、必要なすべての環境変数が設定され、スタンドアロン・インターフェイスが起動します。

  2. 右上の メニューボタンをクリックし、[新規] > [プロジェクト...] を選択します。

  3. [プロジェクトを作成] ダイアログボックスで、プロジェクト名と場所を指定します。

  4. [プロジェクトを作成] をクリックします。

スタンドアロン (コマンドライン)

vtune コマンドを実行します。

Microsoft* *Visual Studio* IDE

Visual Studio* でソリューションを開きます。インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーが自動的に有効になり、Visual Studio* プロジェクトが解析ターゲットとして設定されます。

コマンドライン、または Microsoft* Visual Studio* からインテル® VTune™ プロファイラーを実行する場合、プロジェクトを作成する必要はありません。

ステップ 2: 解析の設定と実行

新規プロジェクトを作成すると、次のデフォルト値で [解析の設定] ウィンドウが開きます。

設定

デフォルト値

ターゲットシステム

ローカルホスト

解析ターゲット

アプリケーションを起動

解析タイプ

ホットスポット

  1. [アプリケーションを起動] セクションで、アプリケーションの実行ファイルの場所を指定します。

  2. ホストシステムでホットスポット解析を実行するには、[開始] をクリックします。

ステップ 3: パフォーマンス・データの表示と解析

データ収集が完了すると、インテル® VTune™ プロファイラーは解析結果を [サマリー] ウィンドウに表示します。ここでアプリケーションのパフォーマンスの概要を把握し、別のウィンドウに切り替えて詳しく調査します。

[詳細] セクションは、パフォーマンス改善の可能性を示します。