インテル® VTune™ Amplifier

メモリー消費解析

Linux* ネイティブまたは Python* ターゲットのメモリー消費解析を使用して、時間経過のメモリー消費量 (RAM) を調べて、解析中に割り当ておよび解放されたメモリー・オブジェクトを特定します。

どのように動作するか

メモリー消費解析中、インテル® VTune™ Amplifier のデータコレクターはメモリー割り当てと解放イベントを検知して、それぞれの割り当てイベントの呼び出しシーケンス (解放の場合はメモリーを解放した関数のみ) を取得します。インテル® VTune™ Amplifier は、呼び出しシーケンスと呼び出し命令ポインター (IP) をデータ収集ファイルに保存し、このデータを解析して結果タブに表示します。

解析の設定と実行

メモリー消費解析を設定して実行します。

必要条件: プロジェクトを作成します

  1. インテル® VTune™ Amplifier ツールバーの (スタンドアロン GUI)/ (Visual Studio* IDE) [解析の設定] ボタンをクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが表示されます。

  2. [どのように] ペインで、 [実行する解析タイプを選択] ボタンをクリックして、[メモリー消費] を選択します。

    メモリー消費解析は、メモリー割り当て/解放とシンボル情報からの静的/グローバル変数の取得のインストルメントによるメモリー・オブジェクト (データ構造) の粒度でデータを収集するように事前定義されています。

  3. 必要に応じて、[動的メモリー・オブジェクトの最小サイズをトラック] オプションを設定できます。このオプションは、インストルメントの実行時のオーバーヘッドを軽減するのに有効です。デフォルト値は 32 バイトです。

  4. [開始] ボタンをクリックして解析を実行します。

    下部の [コマンドライン] ボタンを使用して、この設定のコマンドラインを生成できます。

データを表示

デフォルトで、解析結果はメモリー消費ビューポイントで開きます。[タイムライン] ペインで、メモリー消費量のピークを特定し、ホットスポット関数の割り当てスタックを解析します。ホットスポット関数をダブルクリックして [ソース] 表示に切り替えて、大量のメモリーを割り当てるソース行を特定します。

関連情報