Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ 向けデスクトップ・アプリケーションの開発: タッチおよびセンサー対応のフォト・アプリケーション

同カテゴリーの次の記事

Ultrabook のタッチとセンサーに関するリソース

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Ultrabook™ Desktop Applications Development on Windows* 8: Photo Application with Touch and Sensors」の日本語参考訳です。


ソースのダウンロード

PhotoApplication.zip

はじめに

Ultrabook™ デバイスは、洗練された美しいデザインと高級感あふれる外観で知られています。しかし、Ultrabook™ の真価は、一般的なラップトップにはないハードウェア機能にあります。ラップトップでサポートされている標準機能に加えて、Ultrabook™ にはタッチスクリーン、GPS、加速度センサー、傾きセンサー、環境光センサー、NFC、その他のセンサーなど、さまざまな機能が搭載されています。現在、パーソナル・コンピューティング・デバイスには、デスクトップ・コンピューター、ラップトップ、タブレットなど、多数の選択肢があります。多くのエンドユーザーは、複雑なアプリケーションを実行したり、データを保存するためのメイン・コンピューターとして、まだデスクトップやラップトップを使用しています。高性能のサードパーティー・アプリケーションやマルチタスク機能を備え、可搬性が非常に高いタブレットは、ラップトップの優れた代用品と言えるでしょう。しかし、タブレットでも仕事に関連した作業や業務をある程度行うことはできますが、タブレットがラップトップに完全に取って代わることはできません。

Ultrabook™ コンバーチブルは、タブレットとラップトップ・コンピューターの両方の機能を集約したデバイスを求めるエンドユーザーのニーズに応えます。Ultrabook™ コンバーチブルは、PC の豊富な機能に加えて、タブレットの使いやすさと利便性をあわせ持っています。Ultrabook™ コンバーチブルの設計において、各製造メーカーは創造性に富んでいます。一部のモデルでは、着脱可能なキーボードを採用しており、キーボードを取り外すと、モニターをスタンドアロンのタブレットとして利用できます。その他にも、モニターをスライドまたは回転してタブレットモードとラップトップ・モードを切り替えられるモデルもあります。

Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ コンバーチブルは、タブレットとラップトップ・コンピューターを 1 つにまとめた強力なデバイスです。Windows* 8 を実行するインテルのハードウェアは、デスクトップ・アプリと Windows* ストア (Metro スタイル) アプリの両方に対応しています。Microsoft* の新しい WinRT API は、Windows* 8 上で Windows* ストアアプリを作成する手段を開発者に提供します。また、一部の WinRT API は、Windows* 8 のデスクトップ・アプリケーションの開発にも利用できます。これにより、従来の Windows* アプリケーションを Windows* 8 デスクトップ・アプリケーションに簡単に移植することができます。

ここでは一連の記事を通して、簡単な Ultrabook™ フォト・アプリケーションについて検証し、タッチスクリーン、GPS、環境光センサー、電力関連のセンサーといった Ultrabook™ 機能を利用して、スマートな動的アプリケーションを作成する方法を示します。コード例とサンプルコードは、既存の Windows* アプリケーションを Windows* 8 へ移植する上で参考になるでしょう。また、記事では、Windows* 8 上のマネージドコードから Win32* API ベースのアンマネージ・コードを利用する方法も紹介します。

Ultrabook™ 向けフォト・アプリケーション

ここで使用するアプリケーションはセンサーの使い方を説明する目的で作成されているため、写真を撮ったり、観たり、位置情報タグを付けたりする簡単な Windows* 8 アプリケーションです。タブレットモードとラップトップ・モードの両方で優れたユーザー体験を実現できるように、タッチ入力とマウス/キーボード入力の両方をサポートします。

以下の記事は、Ultrabook™ デバイス向けアプリケーション開発のさまざまな側面を、サンプル・フォト・アプリケーションのコード例を使って説明します。最初のセクションは、滑らかな UI を備えたタッチ対応のアプリケーションを開発するため、ユーザー・インターフェイス設計に関する考察を提供します。フリック、スワイプ、ピンチ、ズームのようなタッチ・ジェスチャーを利用する方法も紹介します。

Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ 向けデスクトップ・アプリケーションにタッチサポートを追加する (英語)

優れたユーザー体験をもたらすユーザー・インターフェイスのガイドライン (英語)

このセクションでは、消費電力とコンテキストを考慮し、アプリケーション内で使用するセンサーの実装方法を、コード例を交えて説明します。以下のリンクから各記事を参照してください。

Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ 向け電力効率の良いデスクトップ・アプリケーションの開発 (英語)

Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ 向けデスクトップ・アプリケーションにおける加速度センサーの利用 (英語)

Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ 向けデスクトップ・アプリケーションにおける傾きセンサーの利用 (英語)

Windows* 8 を搭載した Ultrabook™ 向けデスクトップ・アプリケーションにおける環境光センサー (ALS) の利用 (英語)

ここで使用するアプリケーションは説明目的で作成されているため、環境光、傾き、消費電力レベル、明るさなど、いくつかのセンサーのデータを表示する情報パネルも備えています。

関連記事

著作権と商標について

本資料に掲載されている情報は、インテル製品の概要説明を目的としたものです。本資料は、明示されているか否かにかかわらず、また禁反言によるとよらずにかかわらず、いかなる知的財産権のライセンスを許諾するものではありません。製品に付属の売買契約書『Intel’s Terms and Conditions of Sale』に規定されている場合を除き、インテルはいかなる責任を負うものではなく、またインテル製品の販売や使用に関する明示または黙示の保証 (特定目的への適合性、商品適格性、あらゆる特許権、著作権、その他知的財産権の非侵害性への保証を含む) に関してもいかなる責任も負いません。

インテルによる書面での合意がない限り、インテル製品は、その欠陥や故障によって人身事故が発生するようなアプリケーションでの使用を想定した設計は行われていません。

インテル製品は、予告なく仕様や説明が変更される場合があります。機能または命令の一覧で「留保」または「未定義」と記されているものがありますが、その「機能が存在しない」あるいは「性質が留保付である」という状態を設計の前提にしないでください。これらの項目は、インテルが将来のために留保しているものです。インテルが将来これらの項目を定義したことにより、衝突が生じたり互換性が失われたりしても、インテルは一切責任を負いません。この情報は予告なく変更されることがあります。この情報だけに基づいて設計を最終的なものとしないでください。

本資料で説明されている製品には、エラッタと呼ばれる設計上の不具合が含まれている可能性があり、公表されている仕様とは異なる動作をする場合があります。現在確認済みのエラッタについては、インテルまでお問い合わせください。

最新の仕様をご希望の場合や製品をご注文の場合は、お近くのインテルの営業所または販売代理店にお問い合わせください。

本資料で紹介されている資料番号付きのドキュメントや、インテルのその他の資料を入手するには、1-800-548-4725 (アメリカ合衆国) までご連絡いただくか、インテルの Web サイトを参照してください。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。

本資料に含まれるソフトウェア・ソース・コードはソフトウェア・ライセンス契約に基づいて提供されるものであり、その使用および複製はライセンス契約で定められた条件下でのみ許可されます。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。

© 2012 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

ダウンロード: photoapplication.zip

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • Windows* ストアおよびデスクトップ・アプリの開発Windows* ストアおよびデスクトップ・アプリの開発 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Windows 8* Store vs Desktop App Development」の日本語参考訳です。 Windows* 8 とインテル® デバイス向けのアプリを開発する場合、どのタイプの Windows* 8 […]
  • Windows* 8 開発向け Ultrabook™ 機能の互換性Windows* 8 開発向け Ultrabook™ 機能の互換性 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Ultrabook Feature Compatibility Matrix for Windows 8 Development」の日本語参考訳です。 概要 この記事では、Windows* 8 デスクトップ・アプリケーションおよび Windows* […]
  • Ultrabook™ デバイスおよびタッチ対応デスクトップ・アプリケーションの設計Ultrabook™ デバイスおよびタッチ対応デスクトップ・アプリケーションの設計 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Designing for Ultrabook™ Devices and Touch-enabled Desktop Applications」の日本語参考訳です。 Windows* 8 とインテルの Ultrabook™ […]
  • Parallel Universe マガジンParallel Universe マガジン Parallel Universe へようこそ。 米国インテル社が四半期に一度オンラインで公開しているオンラインマガジンです。インテルの技術者によるテクノロジーの解説や、最新ツールの紹介など、並列化に関する記事を毎号掲載しています。第1号からのバックナンバーを PDF 形式で用意しました、ぜひご覧ください。 12 […]
  • C++ と Microsoft* DirectX* で Windows* 8 向け 3D ゲームを開発するC++ と Microsoft* DirectX* で Windows* 8 向け 3D ゲームを開発する この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Developing 3D Games for Windows* 8 with C++ and Microsoft DirectX*」の日本語参考訳です。 ゲーム開発は常に注目され続けています: […]