インテル® VTune™ プロファイラー (Windows* 版) 導入ガイド

同カテゴリーの次の記事

インテル® VTune™ プロファイラー・パフォーマンス解析クックブック: 手法

目次

ワークフローを理解する
解析を始める前に
ステップ 1: インテル® VTune™ プロファイラーを開始
ステップ 2: 解析の設定と実行
ステップ 3: パフォーマンス・データの表示と解析
DPC++ アプリケーションのプロファイル
次のステップ
関連資料
著作権と商標について

インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、Windows*、macOS*、および Linux* プラットフォーム上でローカルおよびリモート・ターゲット・システムを解析します。次の操作によりシステムのパフォーマンスを改善します。

  • 選択したアルゴリズムを解析。
  • シリアルおよび並列コードのボトルネックを特定。
  • 利用可能なハードウェア・リソースがアプリケーションのどこに、どのようなメリットをもたらすかを理解。
  • アプリケーションの実行をスピードアップ。

ワークフローを理解する

インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、アプリケーションをプロファイルし、パフォーマンス改善のため結果を解析します。一般的なワークフローを以下に示します。

インテル® VTune™ プロファイラーのワークフロー

データ並列 C++ (DPC++) アプリケーション向けのインテル® VTune™ プロファイラー

DPC++ アプリケーションのプロファイルにインテル® VTune™ プロファイラーを使用できます。このワークフローに従ってください。

  1. ベータ版インテル® oneAPI ベース・ツールキット (英語) またはベータ版インテル® システム・ブリングアップ・ツールキット (英語) からインテル® VTune™ プロファイラーをインストールします。これらのツールキットには、プロファイル処理に必要な dpcpp が含まれます。
  2. ステップ 1a の手順で環境変数を設定します。
  3. DPC++ アプリケーションをプロファイルします。

解析を始める前に

  • アプリケーションは、シンボル情報付きですべての最適化を有効にしてリリースモードでビルドします。コンパイラーの設定に関する詳細は、インテル® VTune™ プロファイラーのオンライン・ユーザーガイド (英語) をご覧ください。
  • テストに使用可能なアプリケーションがない場合は、 C:\Program Files (x86)\IntelSWTools\VTune Profiler <version>\samples\en\C++\matrix にインストールされる matrix サンプル・アプリケーションと、C:\Users\<user>\Documents\VTune Profiler <version>\Projects\sample (matrix) にインストールされるサンプル結果を使用できます。

ステップ 1: インテル® VTune™ プロファイラーを開始

次のいずれかの方法でインテル® VTune™ プロファイラーを開始します。一部のオプションでは、解析結果を収集するプロジェクトを作成する必要があります。

注: コマンドライン、または Microsoft* Visual Studio* からインテル® VTune™ プロファイラーを実行する場合、プロジェクトを作成する必要はありません。
開始する場所 ステップ 1a: インテル® VTune™ プロファイラーを開始 ステップ 1b: プロジェクトを作成

スタンドアロン (GUI)

インテル® Parallel Studio XE

インテル® Media Server Studio

インテル® oneAPI ベース・ツールキット

インテル® システム・ブリングアップ・ツールキット

[スタート] メニューから開きます。

  1. 右上の メニューボタンをクリックし、[新規] > [プロジェクト…] を選択します。
  2. [プロジェクトを作成] ダイアログボックスで、プロジェクト名と場所を指定します。
  3. [プロジェクトを作成] をクリックします。

インテル® System Studio

インテル® System Studio IDE から、[Tools] > [VTune Profiler] > [Launch VTune Profiler] を選択します。これで、インテル® VTune™ プロファイラーを起動する前に必要な環境変数がすべて設定されます。

スタンドアロン (コマンドライン)

  • バッチファイル vars を実行して、環境変数を設定します。
    • 例えば、デフォルト・ディレクトリーにインテル® VTune™ プロファイラーをインストールしている場合は、次を実行します。
      C:\[Program Files]\IntelSWTools\VTune Profiler 2020\env\vars.bat
    • デフォルト・ディレクトリーにインテル® oneAPI をインストールしている場合は、次を実行します。
      C:\[Program Files]\inteloneapi\vtune\<version>\env\vars.bat
    バッチファイルを実行すると、製品名とビルド番号が表示されます。
  • vtune コマンドを実行します。

(必要なし)

Microsoft* Visual Studio* IDE

Visual Studio* でソリューションを開きます。インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーが自動的に有効になり、Visual Studio* プロジェクトが解析ターゲットとして設定されます。

ステップ 2: 解析の設定と実行

新規プロジェクトを作成すると、次のデフォルト値で [解析の設定] ウィンドウが開きます。

設定 デフォルト値
ターゲットシステム ローカルホスト
解析ターゲット アプリケーションを起動
解析タイプ ホットスポット

  1. [アプリケーションを起動] セクションで、アプリケーションの実行ファイルの場所を指定します。
  2. 解析を実行するには、[開始] ボタンをクリックします。

ステップ 3: パフォーマンス・データの表示と解析

データ収集が完了すると、インテル® VTune™ プロファイラーは解析結果を [サマリー] ペインに表示します。ここでアプリケーションのパフォーマンスの概要を把握し、別のウィンドウに切り替えて詳しく調査します。

[詳細] セクションは、パフォーマンス改善の可能性を示します。

DPC++ アプリケーションのプロファイル

必要条件:

インテル® VTune™ プロファイラーを Microsoft* Visual Studio* 環境にインストールする方法は、こちら (英語) を参照してください。

サンプル・アプリケーション:

テストに使用可能な DPC++ アプリケーションがない場合は、インテル® oneAPI ツールキットのサンプルコードのパッケージ (英語) をダウンロードしてください。これには、DPC++ アプリケーションのビルドとプロファイルに使用できる matrix_multiply サンプルが含まれています。

  1. Microsoft* Visual Studio* を起動します。
  2. [ファイル] > [開く] > [プロジェクト/ソリューション] をクリックします。matrix_multiply フォルダーから matrix_multiply.sln を選択します。
  3. この構成をビルドします ([プロジェクト] > [ビルド])。
  4. プログラムを実行します ([デバッグ] > [デバッグなしで開始])。
  5. サンプルの DPC++ またはスレッド化されたバージョンを選択するには、プリプロセッサー定義を使用します。
    1. [プロジェクト] > [プロパティ] > [DPC++] > [Preprocessor] > [Preprocessor Definition] に移動します。
    2. DPCPP または USE_THR を定義します。
  6. matrix サンプルで GPU 解析を実行します。
    1. Microsoft* Visual Studio* IDE からインテル® VTune™ プロファイラーを開きます。
    2. [どのように] ペインで 参照ボタンをクリックします。
    3. [プラットフォーム解析] にある [GPU 計算/メディア・ホットスポット] 解析タイプを選択します。
    4. 解析オプションを選択します。
    5. [開始] ボタンをクリックして解析を実行します。
    GPU 解析

インテル® VTune™ プロファイラーはデータを収集し、解析結果を [GPU 計算/ホットスポット] ビューポイントに表示します。[サマリー] ウィンドウで、CPU と GPU リソース使用量の統計を確認し、アプリケーションが GPU 依存であるか確認します。基本的な CPU と GPU メトリックを参照するには、[プラットフォーム] ウィンドウに切り替えます。

関連資料

ドキュメント 説明
オンライン・トレーニング (英語) オンライン・トレーニング・サイトは、インテル® VTune™ プロファイラーの基本を学ぶための導入ガイド、ビデオ、チュートリアル、ウェビナー、および技術記事を提供します。
チュートリアル (英語) インテル® VTune™ プロファイラーのチュートリアルでは、初心者向けの簡単なサンプル・アプリケーションを介して基礎を学習できます。
クックブック パフォーマンス解析クックブックは、インテル® VTune™ プロファイラーの解析タイプを使用して、最も一般的なパフォーマンスの問題を特定して解決するヒントを含んでいます。
リリースノート (英語) リリースノートには、システム要件、製品説明、技術サポート、そして既知の問題と制限事項など製品の最新情報が含まれます。
インストール・ガイド (英語) インストール・ガイドでは、インテル® VTune™ プロファイラーのインストール手順と、各種ドライバーやコレクターのインストール後の設定手順が示されます。
ユーザーガイド (英語) ユーザーガイドは、インテル® VTune™ プロファイラーの主要ドキュメントです。

注:

インテル® Parallel Studio XE (英語) や インテル® System Studio (英語) のすべての製品ドキュメントをダウンロードできます。

著作権と商標について

Intel、インテル、Intel ロゴ、VTune は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。
Microsoft および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の使用許諾を受けて使用しています。
© 2015-2020 Intel Corporation.

本ソフトウェアおよび関連ドキュメントは、インテルが著作権を有する著作物であり、その使用には付随する明示的なライセンス (「ライセンス」) が適用されます。ライセンスで特に明記されていない限り、インテルから書面による許可を得た場合を除き、本ソフトウェアまたは関連ドキュメントを使用、改変、複製、公表、配布、公開することはできません。

本ソフトウェアおよび関連ドキュメントは、現状のまま提供され、ライセンスに明記されているものを除き、明示されているか否かにかかわらず、いかなる保証もいたしません。

関連記事