インテル® VTune™ プロファイラー導入ガイド

同カテゴリーの次の記事

ベータ版インテル® VTune™ プロファイラー 2021 リリースノート

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Get Started with Intel® VTune™ Profiler」の日本語参考訳です。


インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、Windows*、Linux*、および macOS* ホスト上でローカルおよびリモート・ターゲット・システムを解析します。次の操作によりアプリケーションとシステムのパフォーマンスを改善します。

  • 選択したアルゴリズムを解析。
  • シリアルおよび並列コードのボトルネックを特定。
  • 利用可能なハードウェア・リソースがアプリケーションのどこに、どのようなメリットをもたらすかを理解。
  • アプリケーションの実行をスピードアップ。

インテル® VTune™ プロファイラーは次のように提供されます。

ビデオ、ウェビナー、およびその他の資料については、「インテル® VTune™ プロファイラーの注目ドキュメント」を参照してください。


インテル® VTune™ Amplifier は、ベータ版インテル® oneAPI ベース・ツールキット向けのバージョンからインテル® VTune™ プロファイラーに名称が変更されました。インテル® VTune™ プロファイラーは、スタンドアロン・バージョンとインテル® Parallel Studio XE またはインテル® System Studio に同梱されたバージョンが提供されます。

ワークフローを理解する

インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、アプリケーションをプロファイルし、パフォーマンス改善のため結果を解析します。一般的なワークフローを以下に示します。

インテル® VTune™ プロファイラーのワークフロー

ホストシステムを選択してください

Windows*Linux*、または macOS* システム固有のワークフローの詳細をご覧ください。

Windows* ホスト向けの導入ガイドLinux* ホスト向けの導入ガイドmacOS** ホスト向けの導入ガイド

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事