パフォーマンス解析の実行

同カテゴリーの次の記事

プロジェクトの設定

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Running Performance Analysis」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS 環境でも十分ご利用いただけます。また、構成は英語版のヘルプと同じ階層構造にしてあります。


インテル® VTune™ Amplifier には、次のようなパフォーマンス解析の基本カテゴリーがあります。

必要条件:

スタンドアロン・インターフェイスから解析を実行する

  1. インテル® VTune™ Amplifier のプロジェクトを作成または開きます。
  2. [Analysis Target (解析ターゲット)] ウインドウで 解析ターゲットを選択して設定します。
  3. [Analysis Type (解析タイプ)] ウインドウで 解析タイプを選択して設定します。
  4. [Analysis Type] ウィンドウの右側にあるコマンドバーで [Start (開始)] ボタンをクリックして解析を実行します。
    アプリケーション起動時に解析を一時停止 (英語) しておき、後で必要に応じて手動で再開するには、コマンドバーで [Start Paused (ポーズして開始)] ボタンをクリックします。

注:

解析ターゲットが指定されていない場合、またはプロセッサーでサポートされている解析タイプが選択されていない場合、[Start] ボタンは無効になります。

Microsoft* Visual Studio* IDE から解析を実行する

  1. Visual Studio* でターゲットを開きます。
  2. 選択した開発環境でターゲットを「Release」モードでビルドします
  3. インテル® VTune™ Amplifier ツールバーの [New Analysis (新しい解析)] ボタン をクリックして、[Analysis Type] 設定ウィンドウで解析タイプの選択と設定を行います。
  4. [Analysis Type] ウィンドウの右側にあるコマンドバーで [Start] ボタンをクリックして解析を実行します。
    アプリケーション起動時に解析を一時停止 (英語)しておき、後で必要に応じて手動で再開するには、コマンドバーで [Start Paused] ボタンをクリックします。

解析の停止とキャンセル

解析を実行すると、[Analysis Type] ウィンドウのコマンドツールバーにあるボタンセットでデータ収集を管理できます。

  • 解析を停止するには、 ボタンをクリックするか、Ctrl+C を入力します。
    インテル® VTune™ Amplifier は、データ収集を停止して解析結果を開きます。
  • 解析をキャンセルするには、 ボタンをクリックします。
    インテル® VTune™ Amplifier は、データ収集を停止して次の警告メッセージを表示します: Collection was cancelled by the user.The data cannot be displayed. (収集はユーザーによってキャンセルされました。データを表示できません。)

解析結果

インテル® VTune™ Amplifier はターゲットを解析し、結果をファイナライズした後、デフォルトの表示画面に収集したデータを表示します。データ収集の結果 (*.amplxe ファイル) は、[ソリューション エクスプローラー] (Visual Studio* IDE)/[Project Navigatior (プロジェクト・ナビゲーター)] (スタンドアロン) の [My Amplifier Results (私の Amplifier の結果)] フォルダーにアルファベット順でリストされます。Visual Studio* プロジェクトにインポートした実行ファイルの場合、データ結果ノードはソリューション・レベルに表示されます。デフォルト表示画面で収集されたデータを開くには、リストされている結果をダブルクリックします。

注:

  • 識別しやすくなるように、結果の名前を任意の名前 (例えば、アプリケーション名) に変更することができます。名前を変更するには、結果を選択して右クリックし、[Rename (名前の変更)] を選択します。ファイル拡張子 *.amplxe を変更することはできません。
  • 結果名テンプレートを変更、または結果を格納するディレクトリーを変更するには、[ツール] > [オプション] (Visual Studio* IDE)/[Options… (オプション…)] (スタンドアロン) を選択して、[Options (オプション)] ダイアログボックスの左ペインで [Intel VTune Amplifier version (インテル(R) VTune (TM) Amplifier version)] > [Result Location (結果の場所)] を選択します。
  • 特定の解析を開始/停止するホットキーを設定できます。詳細は、http://software.intel.com/en-us/articles/using-hot-keys-in-vtune-amplifier-xe/ (英語) をご覧ください。

関連項目

コマンドラインから解析を実行 (英語)
GUI からコマンドラインを生成 (英語)
ファイル名と場所 (英語)
ファイナライズ
解析結果の表示
結果の解釈
command (英語) amplxe-cl オプション

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • パフォーマンス解析の設定パフォーマンス解析の設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Performance Analysis Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • プロジェクトの設定プロジェクトの設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Project Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • Microsoft* Visual Studio* 統合Microsoft* Visual Studio* 統合 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Microsoft Visual Studio* Integration」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • 解析結果の表示 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Viewing Analysis Results」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • Linux* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフローLinux* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフロー この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Remote Performance Analysis Workflow for Linux* Systems」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]