解析ターゲットの設定

同カテゴリーの次の記事

結果の解釈

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Analysis Target Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS 環境でも十分ご利用いただけます。また、構成は英語版のヘルプと同じ階層構造にしてあります。


インテル® VTune™ Amplifier によるパフォーマンス解析向けにプロジェクトを作成する場合、プロファイルを行う解析ターゲットを指定する必要があります。これには、実行ファイルや、対象のプロセス、またはシステム全体のいずれかを選択します。

ターゲットの設定

  1. 次のいずれかの方法で、[Analysis Target (解析ターゲット)] ウィンドウを開きます。
    • [Create a Project (プロジェクトを作成)] ダイアログボックスから [Create Project (プロジェクトを作成)] ボタンをクリックします。
    • [Configure Project (プロジェクトの設定)] ツールバーボタン をクリックするか、製品メニューから[Configure Project… (プロジェクトの設定 …)] を選択します。
    • [New Analysis (新しい解析)] ツールバーボタン をクリックし、右にあるコマンドツールバーで [Choose Target (ターゲットの選択)] ボタンをクリックします。

    [Analysis Target (解析ターゲット)][Analysis Type (解析タイプ)] タブを含む [Choose Target and Analysis Type (ターゲットと解析タイプの選択)] ウィンドウが開きます。[Analysis Target] タブが表示されます。

  2. 左のペインから解析ターゲットのグループを選択します。
    • [Accessible Targets (利用可能なターゲット)]: 現在のホストからローカルで、またはリモート接続経由でアクセス可能なターゲットの設定と起動方法を選択します。インテル® VTune™ Amplifier は、指定されたターゲットと接続を検出し、ターゲット・プラットフォームで利用可能な設定オプションの一覧を表示します。
    • [Arbitrary Targets (任意のターゲット)]: 現在のホストから直接アクセスできないプラットフォーム向けにコマンドラインによる設定を生成します。サポートされるプラットフォームとオペレーティング・システム、対応するターゲットと解析タイプオプションのいずれかを選択し、[Command Line (コマンドライン)] ボタンをクリックしてコマンドラインを生成 (英語) します。生成されるコマンドラインはバッファーに保存され、任意のホスト上で使用することができます。
  3. プロファイル・セッションを実行するターゲットシステムのタイプを選択します。
    local (ローカル) ローカル・ホスト・システム上で解析を実行します。

    注:

    macOS* では、このターゲットシステムのタイプは利用できません。

    remote Linux (SSH) (リモート Linux* (SSH)) リモート Linux* または組込み Linux* システムで解析を実行します。インテル® VTune™ Amplifier は、リモートシステムの接続に SSH プロトコルを使用します。
    Android device (ADB) (Android* デバイス (ADB)) Android* デバイス上で解析を実行します。インテル® VTune™ Amplifier は、Android* デバイスに接続するため Android* デバッグブリッジ (ADB) を使用します。

    注:

    このシステムタイプは、インテル® VTune™ Amplifier for Systems でのみサポートされます。

    Intel Xeon Phi coprocessor (native) (インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー (ネイティブ)) インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けのネイティブ・アプリケーションの解析を実行します。

    注:

    このシステムタイプは、インテル® VTune™ Amplifier でのみサポートされます。

    Intel Xeon Phi coprocessor (host launch) (インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー (ホスト起動)) ホストから起動されワークをインテル® Xeon Phi™ コプロセッサーに転送するオフロード、mpirun または OpenCL* アプリケーション向けに、インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー上で解析を実行します。

    注:

    このシステムタイプは、インテル® VTune™ Amplifier でのみサポートされます。

    右のペインは、適用される設定オプションで更新されます。

  4. 右のペインから解析ターゲットタイプを選択します。
    Launch Application (アプリケーションを起動) [Launch Application] ペインを有効にし、解析するアプリケーションのバイナリーファイルまたはスクリプトを選択して設定します。

    注:

    このターゲットタイプは、Android* アプリケーションの Basic Hotspots (基本ホットスポット) 解析ではサポートされません。代わりに、[Attach to Process (プロセスにアタッチ)] または [Launch Android Package (Android* パッケージを起動)] タイプを使用します。

    Attach to Process (プロセスにアタッチ) [Attach to Process] ペインを有効にし、解析するプロセスを選択して設定します。
    Profile System (システムをプロファイル) [Profile System] ペインを有効にし、システム上で実行されるすべてのソフトウェアを監視するシステム全体の解析を設定します。
    Launch Android Package (Android* パッケージを起動) [Launch Android Package] ペインを有効にし、解析する Android* パッケージの名前を指定してターゲットオプションを設定します。

    注:

    このシステムタイプは、インテル® VTune™ Amplifier for Systems でのみサポートされます。

    各ターゲットタイプには固有の設定があります。ドロップダウン・メニューからターゲットタイプを選択すると、対応するターゲット設定用のペインが有効になります。例えば、[remote Linux (SSH)] をターゲットシステムに選択すると、リモート・マシン・データ (SSH 接続の詳細) の構成が開くので、解析ターゲットを選択して設定します。

    [Choose Target and Analysis Type (ターゲットと解析タイプの選択)] ウィンドウ

    次のターゲット構成が利用できます。

    注:

    ドライバーを使用しないイベントベースのサンプリングによるデータ収集 (英語)向けに、インテル® VTune™ Amplifier はローカルとリモートのアプリケーション起動、プロセスにアタッチ、およびシステム全体のプロファイル・ターゲットタイプをサポートしますが、これらの完全なサポートは /proc/sys/kernel/perf_event_paranoid ファイルで指定される Linux* の Perf プロファイルの資格情報に依存し、root 特権を使用してシステムの管理者によって管理されます。perf_event に関連する設定ファイルのトピックの詳細は、http://man7.org/linux/man-pages/man2/perf_event_open.2.html (英語) をご覧ください。デフォルトでは、ユーザーとカーネル空間のユーザープロセスのみプロファイルが許可されるので、プロファイル・システムのターゲットタイプを適用するため、perf_event_paranoid ファイルでより広範囲のプロファイル権限を与える必要があります。

Visual Studio* IDE からのターゲット選択

Microsoft* Visual Studio* IDE に統合されたインテル® VTune™ Amplifier では、開発環境から直接解析ターゲットを選択してパフォーマンス解析を実行できます。

既存のソリューションで解析ターゲットを選択するには:

  1. [ソリューション エクスプローラー] でソリューションを開きます。
  2. ソリューションに複数のプロジェクトが含まれている場合、対象とするプロジェクトを選択します。

    インテル® VTune™ Amplifier のツールバーとメニューアイテムが有効になります。デフォルトで、インテル® VTune™ Amplifier は Visual Studio* の設定を引き継ぎ、選択したプロジェクトのアプリケーションを解析ターゲットとして使用します。プロジェクトを右クリックして、ツールバーの [Configure Project] ボタン を選択して、メニューからターゲットのプロパティーを確認します。デフォルトでは、ターゲットタイプは [Launch Application] に設定されます。

既存のスランドアロン実行ファイルを選択するには:

  1. Visual Studio* のメニューから、[ファイル] > [開く] > [プロジェクト/ソリューション] を選択します。

    [プロジェクトを開く] ダイアログボックスが表示されます。

  2. [Exe プロジェクト ファイル (*.exe)] フィルターを選択し、実行ファイルを選びます。

    Visual Studio* は、実行ファイルを含む単一プロジェクトのソリューションを作成します。インテル® VTune™ Amplifier の機能が有効になります。

  3. プロジェクトを右クリックし、[Intel VTune Amplifier version (インテル(R) VTune (TM) Amplifier バージョン)] > [Configure Project… (プロジェクトの設定)] を選択します。

    [Choose Target and Analysis Type (ターゲットと解析タイプの選択)] ウィンドウが開きます。

  4. コマンドツールバーにある [Binary/Symbol Search (バイナリー/シンボル検索)] または [Source Search (ソース検索)] ボタンをクリックして検索ディレクトリーを指定します。デフォルトでは、検索ディレクトリーは Microsoft* Visual Studio* C++ のプロジェクト・プロパティーで定義されます。Visual Studio* でシステム関数のデフォルトのプロジェクト検索ディレクトリーを表示するには、[ソリューション エクスプローラー] でプロジェクトを右クリックして [プロパティ] を選択します。

    収集したデータをファイナライズするとき、インテル® VTune™ Amplifier はバイナリー (実行ファイルとダイナミック・ライブラリー)、シンボル (通常 .pdb ファイル)、ターゲットをサポートするソースファイルを検索するのに、これらのディレクトリーを特定の順番 (英語) で使用します。 アプリケーションのビルドとパフォーマンス・データの収集を行った後にファイルを移動していなければ、インテル® VTune™ Amplifier は C/C++ プロジェクトのファイルを自動で検出します。

  5. ソリューションを保存します。

注:

Visual Studio* の異なるバージョンではユーザー・インターフェイスの要素が異なる場合があります。ファイルの場所を表示するユーザー・インターフェイスの要素については、Visual Studio* のオンラインヘルプを参照してください。

次にすることは?

  1. コマンドツールバーの [Choose Analysis (解析を選択)] ボタンをクリックして解析タイプを選択します。
  2. コマンドツールバーにある [Binary/Symbol Search (バイナリー/シンボル検索)] または [Source Search (ソース検索)] ボタンをクリックして検索ディレクトリーを設定 (英語) します。
  3. コマンドツールバーの [Start (開始)] ボタンをクリックして、パフォーマンス解析を実行します。

関連項目

解析ターゲット
解析システムの設定
任意のターゲット設定 (英語)
コマンドラインからリモートデータを収集 (英語)
GUI からコマンドラインを生成 (英語)

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • Linux* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフローLinux* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフロー この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Remote Performance Analysis Workflow for Linux* Systems」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • プロジェクトの設定プロジェクトの設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Project Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • パフォーマンス解析の設定パフォーマンス解析の設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Performance Analysis Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • 解析システムの設定解析システムの設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Intel® Xeon Phi™ Coprocessor Analysis Workflow」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • MPI アプリケーション解析のワークフローMPI アプリケーション解析のワークフロー この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Analysis System Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]