Linux* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフロー

同カテゴリーの次の記事

命令スタベーション

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Remote Performance Analysis Workflow for Linux* Systems」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS 環境でも十分ご利用いただけます。また、構成は英語版のヘルプと同じ階層構造にしてあります。


リモート Linux* システム上のコードのパフォーマンスを解析するには、Windows*、Linux*、または macOS* ホスト上にインストールされたインテル® VTune™ Amplifier を使用します。

インテル® VTune™ Amplifier は、通常のまたは組込み Linux* システム上のアプリケーションをリモート解析するため次の利用モードをサポートします。

注:

インテル® VTune™ Amplifier では、ターゲット Linux* システムにインテル® VTune™ Amplifier for Linux* (別途ライセンスが必要) がインストールされていれば、Windows* ホストからのみ Linux* ターゲットシステム上のリモート解析を実行できます。

リモート CLI と GUI の利用モード

ターゲットシステムの要件: ~25MB のディスク容量。

このモードは、インテル® VTune™ Amplifier でサポートされるほとんどのクロス開発のシナリオに推奨されます。特に、ターゲットのリソースが限られる場合 (ディスク容量、メモリー容量、CPU のパフォーマンスなど) や、高度にカスタマイズされた Linux* ターゲットシステムを使用する場合に推奨されます。

リモート Linux* システム上で収集を行う方法:

1. インテル® VTune™ Amplifier をインストール ホストシステム上にインテル® VTune™ Amplifier のフルパッケージをインストールします。
2. 解析のためターゲットシステムを準備 (英語)
  1. RSA キーを使用して、ターゲットへのパスワードなしの SSH アクセスをセットアップ (英語) します。
  2. ターゲット Linux* システム上で、データコレクターとインテル® VTune™ Amplifier ターゲットパッケージをインストール (英語) します。

    注:

    ターゲットパッケージをデフォルト以外の場所にインストールする場合、GUI では [Analysis Target (解析ターゲット)] タブ の [VTune Amplifier installation directory on the remote system (リモートシステム上のインテル(R) VTune(TM) Amplifier のインストール・ディレクトリー)] オプション、またはコマンドライン (CLI) では -target-install-dir (英語) オプションを使用して、適切なパスが設定されていることを確認してください。

  3. 必要に応じて、ホスト上でドライバーをビルド (英語) して、ターゲットシステムへコピー後、そのドライバーをインストールします。
3. リモート解析の設定と実行
  1. ターゲット・アプリケーションとリモートシステムを指定 (英語) し、ホスト上でファイナライズに必要なシンボルとソースファイルへの検索パスが設定されている (英語) ことを確認します。
  2. 解析タイプを選択します。
  3. 解析タイプを設定します。
  4. ホストから解析を実行します。

インテル® VTune™ Amplifier は、ターゲット上でアプリケーションを起動し、データを収集して、解析結果とバイナリーファイルをホストへコピーし、結果をファイナライズします。

4. 結果を表示 ホスト上で収集したデータを表示 (英語) します。

ネイティブ利用モード

ターゲットシステムの要件: ~200MB のディスク容量。

このモードは、製品のリリースノートのサポートされるオペレーティング・システムに記載されている Linux* ターゲットシステムで推奨されます。このモードでは、ホストシステム上にインテル® VTune™ Amplifier のフルパッケージをインストールし、ターゲットシステム上にはインテル® VTune™ Amplifier のコマンドライン・インターフェイス (amplxe-cl) をインストールします。これにより、ターゲット上で直接ネイティブにデータを収集できるようになります。

次の図は、ターゲットシステム上で amplxe-cl を直接実行してリモート解析を行う場合の概要を示しています。

ネイティブ利用モードでのリモートシステム上での設定と解析実行のワークフローの手順は、リモート収集モードと同じです。

ネイティブ・サンプリング・コレクター (SEP) 利用モード (インテル® VTune™ Amplifier for Systems のみ)

サンプリング・コレクター (SEP) は、リソースの使用が限定されるシステムをターゲットとする、ハードウェア・イベントベース・サンプリング向けのコマンドライン・ツールです。SEP パッケージは、インテル® VTune™ Amplifier for Systems のターゲットパッケージの一部として提供されます。SEP パッケージには、sep ユーティリティーとサンプリング・ドライバーをビルドするための sepdk ソースコード (pax.kosep4_x.ko) の両方が含まれます。

SEP を使用するには、system_studio_target.tgz ファイルから SEP パッケージを抽出して、ドライバーをビルドしてドライバーと sep ユーティリティーの両方をターゲットへアップロードします。これで、コマンドラインからイベントベース・サンプリングによりパフォーマンス・データを収集できるようになります。詳細は、SEP_Users_Guide.pdf をご覧ください。

注:

インテル® VTune™ Amplifier は、サンプリング・ドライバーをビルドするため、sepdk のソースコードを提供しています。インテル® VTune™ Amplifier が SEP と同じドライバーを使用する場合、このソースコードは、SEP パッケージで提供されるものと同一であるかもしれません。インテル® VTune™ Amplifier の sepdk ソースはまた、SEP パッケージには含まれないイベントベース・スタック・サンプリング向けのデータコレクターを含んでいます。

関連項目

リモートでデータを収集 (英語) (GUI から)
コマンドラインからリモート Linux* システム上でデータを収集 (英語)
Android* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフロー (インテル® VTune™ Amplifier for Systems でサポート)

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • プロジェクトの設定プロジェクトの設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Project Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • 解析ターゲットの設定解析ターゲットの設定 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Analysis Target Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • MPI アプリケーション解析のワークフローMPI アプリケーション解析のワークフロー この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Analysis System Setup」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • Android* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフローAndroid* システム向けのリモート・パフォーマンス解析のワークフロー この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Remote Performance Analysis Workflow for Android* Systems」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • FreeBSD* サポートFreeBSD* サポート この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「FreeBSD* Support」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]