基本的な使い方と設定

同カテゴリーの次の記事

マイクロアーキテクチャーのトップダウン解析法を使用してアプリケーションをチューニングする

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Basic Usage and Configuration」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS 環境でも十分ご利用いただけます。また、構成は英語版のヘルプと同じ階層構造にしてあります。


アプリケーションに基本的なインストルメンテーションを追加し、インストルメントとトレース・テクノロジー (ITT) API を使用するように環境とビルドシステムを設定して、パフォーマンス・データの収集を制御します。

スタティック ITT API ライブラリーとリンクされたユーザー・アプリケーション/モジュールは、動的ライブラリー上でランタイムの依存関係がありません。そのため、インテル® VTune™ Amplifier やその他のインテル® Parallel Studio XE ツールを使用することなく実行できます。

ITT API を使用するには、ビルドシステムの構成 (英語) で示されるステップに従って C/C++ または Fortran アプリケーションをセットアップします。

Unicode* のサポート

すべての API 関数は、Windows* の Unicode* 規則に準拠した __itt_char パラメーターを持ちます。Windows* 上でコンパイルする場合、UNICODE* が定義されていれば __itt_charwchar_t になり、それ以外は char となります。実際の関数名は、ASCII API 向けの A と Unicode* API 向けの W サフィックスを持ちます。API を実装する DLL では、両方の関数が定義されています。

Unicode と ASCII API バージョンの両方で、すべて ASCII 文字の文字列は内部的に同等です。例えば、以下の文字列は等価です。

__itt_sync_createA( addr, "OpenMP Scheduler", "Critical Section", 0); 
__itt_sync_createW( addr, L"OpenMP Scheduler", L"Critical Section", 0); 

関連項目

ITT API のオーバーヘッドを最小化する (英語)
ITT API を使用したコンパイルとリンク (英語)
タスク解析データの解釈 (英語)

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • インストルメントとトレース・テクノロジー APIインストルメントとトレース・テクノロジー API この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Instrumentation and Tracing Technology APIs」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • 結果の解釈結果の解釈 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Interpreting Results」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • ビューポイントビューポイント この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Viewpoint」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • ベクトル化アドバイザーベクトル化アドバイザー この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Vectorization Advisor」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]
  • 製品情報 Web サイトとサポート製品情報 Web サイトとサポート この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている、インテル® VTune™ Amplifier のオンラインヘルプの一部「Product Website and Support」の日本語参考訳です。Windows* 用のヘルプではありますが、その他の OS […]