インテル® Cilk™ Plus の SIMD ベクトル化と要素関数

同カテゴリーの次の記事

インテル® Visual Fortran Composer XE 2013 Windows 版 IMSL 同梱 発売開始

この記事は、インテル® ソフトウェア・サイトに掲載されている「Getting Started with Intel® Cilk™ Plus SIMD Vectorization and Elemental Functions」の日本語参考訳です。


はじめに

SIMD ベクトル化と要素関数は、インテル® C++ コンパイラーでサポートされているインテル® Cilk™ Plus 機能の一部で、ループとユーザー定義関数をベクトル化します。ベクトル化は、プロセッサーの SIMD (Single Instruction Multiple Data) 機能を利用し、一度に複数の配列要素 (またはベクトル要素) を操作して、アプリケーションのパフォーマンスを向上します。

インテル® コンパイラーには、ベクトル化を有効にする独特な機能が用意されています。開発者は、単純なプログラミング・スタイルとベクトル化を支援するコンパイラー機能を使用して、より多くのループがベクトル化されるようにコンパイラーに指示できます。

このドキュメントでは、インテル® Cilk™ Plus のベクトル要素関数と SIMD 宣言子 (#pragma simd) を使って、コンパイラーに C/C++ コードのベクトル化を指示し、パフォーマンスを向上する方法を説明します。

ドキュメントの続きはこちら (PDF) をクリックしてください。

SIMD プラグマ/宣言子を使用してベクトル化できるループの種類に関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

  • PAOS – パックド構造体配列PAOS – パックド構造体配列 この記事は、インテル® ソフトウェア・サイトに掲載されている「PAOS - Packed Array Of Structures」の日本語参考訳です。 はじめに AOS 形式、FORTRAN (C++ の struct) 単純なループ – AOS を使用したオイラー法 SOA 形式 PAOS 形式 単純なループ – […]
  • インテル® Parallel Debugger Extensionインテル® Parallel Debugger Extension この記事は、インテル® ソフトウェア・ネットワークに掲載されている「Intel® Parallel Debugger Extension」の日本語参考訳です。 はじめに この記事では、インテル® Parallel Studio 2011、インテル® Parallel Studio XE 2011、インテル® […]
  • インテル® Cilk™ Plus を使用した並列化インテル® Cilk™ Plus を使用した並列化 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Parallelization with Intel® Cilk™ Plus」の日本語参考訳です。 インテル® MIC アーキテクチャー向けのコンパイラー手法 はじめに インテル® Cilk™ Plus […]
  • OpenMP* のサポート・ライブラリーOpenMP* のサポート・ライブラリー この記事は、インテル® ソフトウェア・ネットワークに掲載されている「OpenMP* Support Libraries」の日本語参考訳です。 編集部注: 本記事には旧製品(インテル® コンパイラー・バージョン 11.1 以前)向けの情報が含まれます。バージョン 12.0 […]
  • インテル® Cilk™ Plus の仕様変更インテル® Cilk™ Plus の仕様変更 2011年に登場したインテル® Parallel Studio 2011 に含まれるインテル® C++ コンパイラー V12.0 から実装が始まったインテル® Cilk™ Plus ですが、コンパイラーのバージョンアップに伴いいくつかの機能強化にともなう変更が行われています。ここで、V15 と V14 […]