インテル® Xeon Phi™ プログラム内でインテル® VTune™ Amplifier XE 2015 の Pause/Resume API を使用する

同カテゴリーの次の記事

クライアント・マシンからサーバー上のインテル® Xeon Phi™ コプロセッサーで動作するアプリケーションのプロファイルを行う

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Use Pause / Resume API of VTune™ Amplifier XE 2015 in your Intel® Xeon Phi™ program」の日本語参考訳です。


以前の記事で、インテル® VTune™ Amplifier XE 2015 のベータ版を使用した Xeon Phi™ プログラム向けの Pause と Resume API の使い方を紹介しましたが、いくつか制限がありました。2015 の製品版では制限が無くなったため、記事を更新するきっかけとなりました。

ステップ: (テスト用にこの記事の最後に添付されるファイルを利用できます)

  1. インテル® ソフトウェア開発製品 (インテル® Parallel Studio XE 2015 Professional Edition 以上、もしくはインテル® VTune™ Amplifier とコンパイラーの更新版) をインストールして、インテル® VTune™ Amplifier XE 2015 とインテル® Composer XE 2015 の環境を正しく設定してください。その他の事前準備と背景については、こちらの記事をご覧ください。

  2. インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けのネイティブプログラムをビルド:
    # icpc -g -mmic test_api.cpp -I/opt/intel/vtune_amplifier_xe_2015/include
    /opt/intel/vtune_amplifier_xe_2015/bin64/k1om/libittnotify.a -lpthread -o test_api

  3. ビルドしたネイティブ・アプリケーションをインテル® Xeon Phi™ コプロセッサーへコピーする:
    #scp test_api mic0:/root/

  4. インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーのネイティブプログラムのデータ収集を開始する:
    # amplxe-cl -collect advanced-hotspots –target-system=mic-native:0
    –search-dir=.-start-paused /root/test_api

  5. インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けのオフロードプログラムをビルドする:
    icpc -g test_api_offload.cpp -offload-option,mic,compiler,
    “-I/opt/intel/vtune_amplifier_xe_2015/include
    /opt/intel/vtune_amplifier_xe_2015/bin64/k1om/libittnotify.a” -lpthread -o test_api_offload -offload-option,mic,ld,”-lpthread”

  6. オフロードされたインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー・プログラムのデータ収集を開始する:
    # amplxe-cl -collect advanced-hotspots –target-system=mic-host-launch:0
    -start-paused — ./test_api_offload

結果を確認するため、amplxe-GUI を使用します。

テスト用コード:
test_api.cpp (866B)
test_api_offload.cpp (1.09KB)

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください

関連記事