インテル® VTune™ Amplifier XE で OpenMP* アプリケーションをプロファイルする

同カテゴリーの次の記事

Apache* Tomcat* からの Java* アプレットをプロファイルするためインテル® VTune™ Amplifier XE を利用する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Profiling OpenMP* applications with Intel® VTune™ Amplifier XE」の日本語参考訳です。


並列処理は、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)が必要とする性能を提供します。並列処理は、スーパースカラー、ベクトル命令、スレッド化と分散メモリーにおけるメッセージ・パッシングなどいくつかのレイヤーに渡って実行されます。OpenMP は、とりわけ HPC 分野で利用されているスレッド抽象化技術です。多くの HPC アプリケーションは、OpenMP と MPI* の両方を使用するハイブリッド型の共有メモリー/分散プログラミング・モデルに移行しつつあります。


この記事では、OpenMP 並列プログラミング・モデルと OpenMP ベースのアプリケーションのパフォーマンス・プロファイルに焦点を当てています。インテルが提供する強力なパフォーマンス・プロファイル・ツールであるインテル® Vtune™ Amplifier XE は、OpenMP コードのパフォーマンス上のボトルネックを検出する際に非常に役立ちます。この記事には、OpenMP アプリケーションをプロファイルする手順を示し、このツールで検出できる一般的なパフォーマンスの問題を説明します。


この続きは、以下の PDF をご覧ください。

添付ファイル サイズ
profiling-openmp-applications-with-intel-vtune-amplifier-xe.pdf 3.37MB

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事