Python* プロファイル

同カテゴリーの次の記事

間接呼び出しと仮想関数の呼び出し: インテル® C/C++ コンパイラー 17.0 によるベクトル化

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Python* Profiling」の日本語参考訳です。


Python*/C/C++ が混在したコードのパフォーマンス解析機能 – ベータ

混在したアプリケーション・コードの隠れたホットスポットを検出

インテル® VTune™ Amplifier のインターフェイスを介して、ネイティブ C/C++ と拡張が Python* コードと混在したアプリケーション向けに、強力なパフォーマンス分析とチューニング・データを提供する単一プロファイル機能です。限りなく低いオーバーヘッドでパフォーマンス上のホットスポットを特定し、詳細な行レベルの情報により、アプリケーション全体のパフォーマンスをスピードアップする最適化の決定を行うことを可能にします。

Python*/ネイティブコードの
混在と拡張を自動検出

ソース行レベルの
パフォーマンスの詳細を
より深く分析

一般に 15% 低い
オーバーヘッド

アプリケーションのソースを
変更する必要がないため
時間と労力を節約

簡単に操作できる優れた
GUI インターフェイス

 


細部まで分析、コードを最適化

図 1: Python* とネイティブ関数の関数レベルのプロファイル

図 2: Python* からネイティブ関数の呼び出し

図 3: 行レベルのプロファイル情報

図 4: (A) 詳細なタイム解析 (B) Python* とネイティブコードのコールスタック表示


関連情報

リリースノート (英語)
フォーラム (英語)
問い合わせ (英語)


ベータプログラムへ参加


ベータ版で利用可能な機能

インテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) によって強化された高いパフォーマンスの Python* パッケージ

さらに詳しく

関連記事