インテルのベクトル化ツールキット: 2. インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して hotspot を特定する

同カテゴリーの次の記事

インテルのベクトル化ツールキット: 3. インテル® コンパイラーのベクトル化レポートを使用してループの候補を決定する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel Vectorization Toolkit: 2. Determine Hotspots Using Intel® VTune™ Amplifier XE」の日本語参考訳です。


———————————————————-
ベクトル化の 6 ステップの手順へ戻る
———————————————————-

インテルのベクトル化ツールキット: ステップ 2

インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して hotspots (ホットスポット) を特定します。

アプリケーションの中で最も時間を費やしている関数を特定するには、パフォーマンス・プロファイラーであるインテル® VTune™ Amplifier XE を利用できます。Hotspots (ホットスポット) 解析タイプを選択することを推奨します。”Lightweight Hotspots (ライト・ホットスポット)” 解析タイプも使用できますが、アプリケーションだけでなくシステム全体がプロファイルされます。最も時間を費やしているコード領域を特定することで、最も効果的にパフォーマンスを向上できる領域に最適化の労力を集中できます。一般に、アプリケーションの実行時間の 10% 以上を占めている hotspot を解消すれば十分です。次のステップで最適化する hotspot を覚えておきます。

——————————–
このステップでのその他の参考資料
——————————–

チュートリアル
hotspot を見つける (英語)
Windows*
C++
Fortran
PDF インテル® VTune™ Amplifier XE を使った、hotspot 分析の方法をご紹介します。プログラム中で時間がかかっている箇所を特定します。ご利用の言語 (C++ または Fortran) のチュートリアルをご覧ください。
Linux*
C++
Fortran
PDF

インテル® VTune™ Amplifier XE を評価する: インテル® ソフトウェア製品の評価版を入手

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください

関連記事