インテルのベクトル化ツールキット: 1. 基準となるリリースビルドのパフォーマンスを測定する

同カテゴリーの次の記事

インテルのベクトル化ツールキット: 2. インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して hotspot を特定する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel Vectorization Toolkit: 1. Measure Baseline Release Build Performance」の日本語参考訳です。


———————————————————-
ベクトル化の 6 ステップの手順へ戻る
———————————————————-

インテルのベクトル化ツールキット: ステップ 1

基準となるリリースビルドのパフォーマンスを計測する

リリースビルド (デバッグビルドではなく) を対象とするのには次の理由があります:

  1. コンパイラーはコードを最適化し、ホットスポットとなるループを変えてしまうかもしれません。
  2. ベクトル化によるパフォーマンス向上を判断できるよう、アプリケーションのベースライン時間を知る必要があります。

ベクトル化によるパフォーマンスの最適化を終えるための目標設定が必要です (リリースビルドが十分に高速化された時)。

インテル® コンパイラーではリリースビルドがデフォルトです。デバッグビルドを使用する場合は、-O0 (Linux、OS X) または /Od (Windows) オプションを指定して最適化をオフにする必要があります。

——————————–
このステップでのその他の参考資料
——————————–

ドキュメント: アプリケーションの時間をどのように計測するか

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください

関連記事