インテルのベクトル化ツールキット: 1. 基準となるリリースビルドのパフォーマンスを測定する

同カテゴリーの次の記事

インテルのベクトル化ツールキット: 2. インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して hotspot を特定する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel Vectorization Toolkit: 1. Measure Baseline Release Build Performance」の日本語参考訳です。


———————————————————-
ベクトル化の 6 ステップの手順へ戻る
———————————————————-

インテルのベクトル化ツールキット: ステップ 1

基準となるリリースビルドのパフォーマンスを計測する

リリースビルド (デバッグビルドではなく) を対象とするのには次の理由があります:

  1. コンパイラーはコードを最適化し、ホットスポットとなるループを変えてしまうかもしれません。
  2. ベクトル化によるパフォーマンス向上を判断できるよう、アプリケーションのベースライン時間を知る必要があります。

ベクトル化によるパフォーマンスの最適化を終えるための目標設定が必要です (リリースビルドが十分に高速化された時)。

インテル® コンパイラーではリリースビルドがデフォルトです。デバッグビルドを使用する場合は、-O0 (Linux、OS X) または /Od (Windows) オプションを指定して最適化をオフにする必要があります。

——————————–
このステップでのその他の参考資料
——————————–

ドキュメント: アプリケーションの時間をどのように計測するか

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください

関連記事

  • インテル® コンパイラー V15 におけるレポート機能の変更点インテル® コンパイラー V15 におけるレポート機能の変更点 インテル® コンパイラーの主要機能の一つに、コンパイル時にソースコードを解析して、ベクトル化、並列化、OpenMP […]
  • ガイド付き自動並列化ガイド付き自動並列化 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Guided Autoparallelism」の日本語参考訳です。 インテル® Composer XE Linux* 版には、ガイド付き自動並列化 (GAP) 機能が含まれており、Fortran と C/C++ […]
  • インテル® Advisor ユーザー向けベクトル化リソースインテル® Advisor ユーザー向けベクトル化リソース この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Vectorization Resources for Intel® Advisor Users」の日本語参考訳です。 この記事の PDF 版はこちらからご利用になれます。 インテル® Advisor 2016 には、Fortran、C および C++ […]
  • インテル® Advisor XE 2016 Update 1 新機能インテル® Advisor XE 2016 Update 1 新機能 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel® Advisor XE 2016 Update 1 What's new」の日本語参考訳です。 ベクトル化支援ツールの新バージョンが公開されました: インテル® Advisor XE 2016 Update 1 インテル® Advisor XE […]
  • ベクトル異形関数でのプロセッサー ID 指定ベクトル異形関数でのプロセッサー ID 指定 インテル® C/C++ および Fortran コンパイラーのバージョン 16.0 以降では、プログラマーがスカラー関数に対応するベクトル関数を明示的に記述することを可能にする、ベクトル異形関数 (Vector Variant Function) をサポートしています。 Windows* および Linux* […]