Amazon Web Services* 向けインテル® Parallel Studio XE 2016 ランタイム

同カテゴリーの次の記事

ビデオ - インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーによる並列プログラミングと最適化

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel® Parallel Studio XE Runtime 2016 for Amazon Web Services Users」の日本語参考訳です。


インテル® Parallel Studio XE 2017 ランタイムについては、こちらをご覧ください。

インテル® Parallel Studio XE ランタイムには、インテル® Parallel Studio XE を使用してビルドしたアプリケーションの実行に必要なすべてが含まれています。インテル® Parallel Studio XE で開発したアプリケーションを利用する Amazon Web Services* ユーザー向けのパッケージは、無料で YUM パッケージ管理から入手できます。この記事の公開時点では、Linux* バージョンのみが利用可能です。

インテル® Parallel Studio XE ランタイムをダウンロードすることにより、エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) (英語) に記載されている条件に同意したことになります。

レポジトリーの設定

YUM レポジトリーをインストールするには、3 つの方法があります。[注意: レポジトリーのインストールと設定を行うには、root でログインする必要があります]

レポジトリー rpm のダウンロードとインストール

  1. レポジトリーの gpg パブリックキーをインポートする
    sudo rpm --import http://yum.repos.intel.com/2016/setup/RPM-GPG-KEY-intel-psxe-runtime-2016
  2. レポジトリー rpm をインストールする
    sudo rpm -Uhv http://yum.repos.intel.com/2016/setup/intel-psxe-runtime-2016-reposetup-1-0.noarch.rpm

.repo ファイルをインポートする

  1. レポジトリーの追加
    sudo yum-config-manager --add-repo http://yum.repos.intel.com/2016/setup/intel-psxe-runtime-2016.repo
  2. レポジトリーの gpg パブリックキーをインポートする
    sudo rpm --import http://yum.repos.intel.com/2016/setup/RPM-GPG-KEY-intel-psxe-runtime-2016

レポジトリーファイルを手動で作成する

  1. レポジトリーのディレクトリーへ移動する
    ​cd /etc/yum.repos.d
  2. .repo ファイルを修正する
    ​vi intel-psxe-runtime-2016.repo
  3. 次のソースコードを追加する:
    [intel-psxe-runtime-2016]
    name=Intel(R) Parallel Studio XE 2016 Runtime
    baseurl=http://yum.repos.intel.com/2016
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-intel-psxe-runtime-2016
  4. ファイルをセーブして閉じる
  5. レポジトリーの gpg パブリックキーをインポートする
    sudo rpm --import http://yum.repos.intel.com/2016/setup/RPM-GPG-KEY-intel-psxe-runtime-2016

リポジトリ―で利用可能なインテル® Parallel Studio XE ランタイムバージョン

<VERSION <UPDATE> <BUILD_NUM>
2016 3 210

次のリソースも参照してください: インテル® Parallel Studio XE ランタイムのバージョン (英語)

YUM パッケージ管理を使用してランタイムパッケージをインストールする

インストールコマンドでは次の変数を使用します:
<VERSION>: 2016, 2017, …
<UPDATE>: 0, 1, 2, …
<COMPONENT>: 以下のリストから利用するコンポーネント名を選択します

コンポーネントの説明 <COMPONENT>
インテル® Parallel Studio XE のすべてのコンポーネント (フルパッケージ) intel-psxe-runtime
インテル® C/C++ コンパイラーのコンポーネント intel-icc-runtime*
インテル® Fortran コンパイラーのコンポーネント intel-ifort-runtime*
インテル® IPP のコンポーネント intel-ipp-runtime*
インテル® MKL のコンポーネント intel-mkl-runtime*
インテル® DAAL のコンポーネント intel-daal-runtime*
インテル® TBB のコンポーネント intel-tbb-runtime
インテル® MPI ライブラリーのコンポーネント intel-mpi-runtime*

リポジトリ―で利用可能なものを確認するには?

yum --showduplicates list intel-psxe-runtime

最新のバージョンをインストールするには?

  1. ランタイムのフルパッケージをインストール
    yum install intel-psxe-runtime
  2. フルパッケージから特定のコンポーネントのみをインストール
    yum install <COMPONENT>

    例:

    yum install intel-ipp-runtime*

特定のバージョンをインストールするには?

  1. 特定のバージョンのフルパッケージをインストール
    yum install intel-psxe-runtime-<VERSION>.<UPDATE>-<BUILD_NUM>

    例:

    yum install intel-psxe-runtime-2016.3-210
  2. 特定のコンポーネントの特定のバージョンをインストール
  • 入手可能なコンポーネントのすべてのバージョンを取得
    yum --showduplicates list <COMPONENT>ex: yum --showduplicates list intel-ipp-runtime*
  • コマンドで特定のコンポーネントのバージョンを指定
    yum install <COMPONENT>-<VERSION>.<UPDATE>-<BUILD_NUM>

    例:

    yum install intel-ipp-runtime*-2016.3-210

インストールされているパッケージを更新するには?

  1. フルパッケージを最新のバージョンに更新する
    yum upgrade intel-psxe-runtime
  2. 特定のコンポーネントを最新のバージョンに更新する
    yum upgrade <COMPONENT>

    例:

    ​yum upgrade intel-ipp-runtime*

特定のバージョンをアンインストールするには?

  1. フルパッケージをアンインストールする
    yum remove intel-*-runtime-<VERSION>.<UPDATE>-<BUILD_NUM>

    例:

    yum remove intel-*-runtime-2016.3-210
  2. 特定のコンポーネントをアンインストールする
    yum remove <COMPONENT>-<VERSION>.<UPDATE>-<BUILD_NUM>

    例:

    yum remove intel-ipp-runtime*-2016.3-210

複数のランタイムパッケージを同時にインストールするには?

  1. rpm のダウンロード先のホルダーを作成する
    mkdir -p <path to download>
  2. yum を使用して新しいバージョンのランタイムをダウンロード
    yum install --downloadonly intel-psxe-runtime-<VERSION_n>.<UPDATE_n>-<BUILD_NUM_n> --downloaddir=<path to download>
  3. ダウンロードした rpm をインストールする
    sudo yum localinstall <path to download>/*

64 ビットシステム上で 32 ビットのランタイム rpm をインストールするには?

  1. 32 ビットバージョンのフルパッケージ rpm をインストール
    yum install intel-psxe-runtime.i486
  2. 特定のコンポーネントの特定の 32 ビットバージョンをインストール
    yum install <COMPONENT>.i486

    例:

    yum install intel-ipp-runtime*.i486

ローカルシステム上でインテル® Parallel Studio XE のランタイムが格納される場所

/opt/intel/psxe_runtime_<VERSION>.<UPDATE>.<BUILD_NUM>

インストールされている最新のランタイムパッケージへのシンボリック・リンク:

/opt/intel/psxe_runtime_<VERSION>
/opt/intel/psxe_runtime

問い合わせ

FAQ (英語) をご覧ください。
または、ユーザーフォーラム (英語) を訪問してみてください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • Amazon Web Services* 向けインテル® Parallel Studio XE 2017 ランタイムAmazon Web Services* 向けインテル® Parallel Studio XE 2017 ランタイム この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel® Parallel Studio XE Runtime 2017 for Amazon Web Services Users」の日本語参考訳です。 インテル® Parallel Studio XE 2016 […]
  • Parallel Universe マガジンParallel Universe マガジン Parallel Universe へようこそ。 米国インテル社が四半期に一度オンラインで公開しているオンラインマガジンです。インテルの技術者によるテクノロジーの解説や、最新ツールの紹介など、並列化に関する記事を毎号掲載しています。第1号からのバックナンバーを PDF 形式で用意しました、ぜひご覧ください。 12 […]
  • インテル® 開発ツール・スイート Linux* 対応インテル® 開発ツール・スイート Linux* 対応 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Intel® Tool Suites for Linux*」の日本語参考訳です。 マルチスレッド・アプリケーションを作成するため、高度に最適化されたパフォーマンス・ライブラリーとともにインテル® […]
  • 新しい最適化レポートを使用してインテル® コンパイラーをさらに活用する新しい最適化レポートを使用してインテル® コンパイラーをさらに活用する この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Getting the Most out of your Intel® Compiler with the New Optimization […]
  • #pragma SIMD を使用してループをベクトル化するための条件#pragma SIMD を使用してループをベクトル化するための条件 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Requirements for Vectorizing Loops with #pragma SIMD」の日本語参考訳です。 インテル® アーキテクチャー上でパフォーマンスを向上するにはループのベクトル化が重要であり、SIMD […]