インテル® アーキテクチャー向けの OpenCL* ドライバーとランライム

同カテゴリーの次の記事

HEVC (H.265) コーデックの重要性を理解する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Drivers and Runtimes for Intel® Architecture」の日本語参考訳です。


OpenCL* ドライバーとランタイムは、次の製品に含まれます:

内容

インテル® アーキテクチャー向け OpenCL* ドライバーとランタイムは、以下のデバイスで OpenCL* をサポートします:

  • インテル® Atom™ プロセッサー、インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Pentium® プロセッサー、インテル® Celeron® プロセッサー、およびインテル® Xeon® プロセッサー
  • インテル® Iris™ グラフィックスとインテル® HD グラフィックス・ファミリー
  • インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー

関連するランタイムやドライバーをインストールして、ターゲット・ハードウェア上で OpenCL* アプリケーションを実行します。


インテル® Iris™ グラフィックスおよびインテル® Iris™ Pro グラフィックス向けの OpenCL* 1.2 ドライバー (64 ビット Linux*)

Linux* 用インテル® OpenCL ドライバー 1.2-1.0 は、OpenCL* アプリケーション向けのインテル® グラフィックスを使用した並列計算機能を提供します。このドライバーは、これまでインテル® Media Server Studio の一部として提供されていました。このリリースでは、インテル® Media Server Studio との事前統合と事前評価のソリューションを必要としない開発者向けに、独立したコンポーネントとしてドライバーを提供します。インテルの OpenCL* ドライバー 1.2-1.0 は、リリースノートに詳しく記載されているように、ユニークなバージョン管理方式とインテル® Media Server Studio との互換性を提供します。

インテルでは、次の 64 ビット・カーネル向けに CentOS* 7.1 上で OpenCL* 1.2-1.0 ドライバーを検証しています。

  • インテルの OpenCL* 1.2 向けのパッチが適用された CentOS* 7.1 Linux* 3.10.0-229 カーネル
  • インテルの OpenCL* 1.2 向けのパッチが適用された CentOS* 7.1 Linux* 標準カーネル 4.1

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • 第 4 世代および第 5 世代インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Xeon® プロセッサー v3 および v4。詳細は、リリースノート (英語) をご覧ください。

このパッケージをダウンロードするには、エンド・ユーザー・ライセンス (英語) に同意する必要があります。


インテル® SDK for OpenCL* Applications

開発時間を短縮し、OpenCL* テクノロジーとインテル® アーキテクチャーのプラットフォーム・パフォーマンスを最大限に高めるにはインテル® SDK for OpenCL* Applications を使用してください。さらに詳しい情報は、インテル® SDK for OpenCL* Applications をご覧ください。

関連する OpenCL* Code Builder のバージョンを探すには、こちらのページ (英語) をご覧ください。


インテル® Iris™ グラフィックスおよびインテル® HD グラフィックス向けの OpenCL* ドライバー (64 ビット & 32 ビット Windows*)

このソフトウェア・ドライバー・パッケージは、インテル® Iris™ グラフィックスやインテル® HD グラフィックスを搭載するインテル® アーキテクチャー・プロセッサー向けの Windows* 対応インテル® グラフィックス・ドライバーをインストールします。

ドライバーとソフトウェアの自動認識とアップデートを行うには、インテル® ドライバー・アップデート・ユーティリティー (英語) を使用することもできます。

また、インテル® グラフィックス・コントローラーを識別する (英語) もご覧ください。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • インテル® グラフィックス (GPU)
  • CPU

Windows* 上のインテル® グラフィックスで OpenCL* がサポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、リリースノート (英語) をご覧ください。


インテル® Media Server Studio でインテル® HD グラフィックスをサポートする OpenCL* ドライバー (64 ビット Linux*)

インテル® Media Server Studio for Linux* をインストールすると、インテル® HD グラフィックスを搭載するインテル® アーキテクチャー・プロセッサー向けの OpenCL* 対応ドライバーが提供されます。

インテル® Media Server Studio のインストールにより、Linux* 対応のインテル® グラフィックス・ドライバーを取得。

サポートされるターゲットデバイス:

  • Linux* 上のインテル® グラフィックス (GPU)

Linux* 上のインテル® グラフィックスで OpenCL* がサポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、インテル® Media Server Studio に含まれる OpenCL* Code Builder のリリースノートをご覧ください (インテル® Media Server Studio のインストール・パッケージに含まれます)。


インテル® CPU とインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けの OpenCL* ランタイム・ライブラリー 14.2 (64 ビット Linux*)

ランタイム・ソフトウェア・パッケージは、インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー上の RedHat Enterprise Linux* 6.0 以降や SUSE Linux Enterprise Server* 11.1 以降 (64 ビット) に OpenCL* のサポートを追加します。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー
  • CPU

サポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、OpenCL* ランタイム 14.2 のリリースノート (英語) をご覧ください。

このパッケージをダウンロードするには、エンド・ユーザー・ライセンス許諾 (英語) に同意いただく必要があります。


インテル® CPU とインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けの OpenCL* ランタイム・ライブラリー 14.2 (64 ビット Windows*)

このランタイム・ソフトウェア・パッケージは、インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー上の Windows* 7/8 および Windows Server* 2008/2012 に OpenCL* のサポートを追加します。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー
  • CPU

サポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、OpenCL* ランタイム 14.2 のリリースノート (英語) をご覧ください。

このパッケージをダウンロードするには、エンド・ユーザー・ライセンス許諾 (英語) に同意いただく必要があります。


インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサー向けの OpenCL* ドライバー 15.1 (64 ビット & 32 ビット Windows*)

このランタイム・ソフトウェア・パッケージは、インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサー上の Windows* (64 ビットと 32 ビット) に OpenCL* CPU デバイスのサポートを追加します。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • CPU

サポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、OpenCL* ランタイム 15.1 のリリースノート (英語) をご覧ください。


インテル® CPU とインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー向けの OpenCL* ランタイム・ライブラリー 15.1 (32 ビット Windows*)

このランタイム・ソフトウェア・パッケージは、インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサー上の Windows* (32 ビット) に OpenCL* CPU デバイスのサポートを追加します。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • CPU

サポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、OpenCL* ランタイム 15.1 のリリースノート (英語) をご覧ください。


インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサー向けの OpenCL* ランタイム・ライブラリー 15.1 (64 ビット RedHat* および SLES*)

このランタイム・ソフトウェア・パッケージは、インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサー上の Red Hat Enterprise Linux* と SUSE Linux Enterprise Server* (64 ビット) に OpenCL* CPU デバイスのサポートを追加します。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • CPU

サポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、OpenCL* ランタイム 15.1 のリリースノート (英語) をご覧ください。


インテル® OpenCL* Code Builder for Ubuntu*

Ubuntu* 上で CPU デバイス向けの OpenCL* サポートを有効にするには、インテル® Code Builder for OpenCL* API for Ubuntu* をインストールします。このランタイム・ソフトウェア・パッケージは、インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Xeon® プロセッサー上の Ubuntu* (64 ビット) に OpenCL* CPU デバイスのサポートを追加します。Ubuntu* 上の CPU デバイス向け OpenCL* ランタイムは、Code Builder のインストールによってのみ提供されます。

サポートされる OpenCL* デバイス:

  • CPU

サポートされるインテル® アーキテクチャー・プロセッサーの完全なリストは、リリースノート (英語) をご覧ください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事