インテル® Inspector XE 2015 の新機能

同カテゴリーの次の記事

インテル® Inspector XE を使用して Windows* 向けアプリケーションのスレッドエラーを検出

  • 新しい初期化されていないメモリーのエラー検出アルゴリズムが導入されました。これにより、偽陽性の数を減らしてより深い解析が可能になります。
  • デフォルトでオフになっていた、初期化されていないメモリー解析の制御が独立して行えるようになりました。
  • オンデマンドのリーク検出とメモリー伸長インターフェイスが改善されました。
  • 解析中に参照できるメモリー使用量グラフが追加されました。
  • スレッドエラー解析のパフォーマンスが大幅に向上しています。
  • さらにパフォーマンスと安定性が向上しました。
  • スタティック解析は非推奨となりました。将来のメジャーリリースでサポートされなくなる可能性があります。疑問やご意見がありましたら、こちらまでお送りください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事