インテル® C++ コンパイラーにおける C11 のサポート

同カテゴリーの次の記事

インテル® Cilk™ Plus の仕様変更

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「C11 Support in Intel C++ Compiler」の日本語参考訳です。


インテル® Parallel Studio XE 2015 Composer Edition に含まれる、インテル® C++ コンパイラーでサポートされる C11 の機能を以下にまとめます。

C11 主要言語機能

バージョン 15.0

スタティック・アサート (Static Assert)

Yes

Typedef の再定義 (Typedef redefinition)

匿名構造体とユニオン (Anonymous struct and union)

float.h の新しマクロ (New macros in float.h)

_Alignas, _Alignof, max_align_t, stdalign.h

_Atomic

アトミック・オペレーター (Atomic operations)

複素値のマクロ (Macros for Complex values)

ユニコード文字列 (Unicode strings)

uchar.h

_Noreturn, stdnoreturn.h

_Generic

__STDC_VERSION__ == 201112L

_thread_local

C11 の機能は、GNU* gcc の 4.6 以降でのみサポートされています。

関連記事

  1. C++11 の機能については、「インテル® C++ コンパイラーでサポートされる C++11 の機能」を参照ください
  2. C99 の機能に関しては、「インテル® C++ コンパイラーでサポートされる C99 の機能」を参照ください。
  3. C++14 の機能に関しては、「インテル® C++ コンパイラーでサポートされる C++14 の機能」を参照ください。


コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事