インテル® C++ コンパイラーにおける C11 のサポート

同カテゴリーの次の記事

インテル® C++ コンパイラーでサポートされる C++17 の機能

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「C11 Support in Intel C++ Compiler」の日本語参考訳です。


インテル® Parallel Studio XE とインテル® System Studio に含まれる、インテル® C++ コンパイラーでサポートされる C11 の機能を以下にまとめます。

C11 主要言語機能 V15.0 V16.0 V17.0 V18.0
スタティック・アサート (Static Assert) Yes Yes Yes Yes
Typedef の再定義 (Typedef redefinition) Yes Yes Yes
匿名構造体とユニオン (Anonymous struct and union) Yes Yes Yes
float.h の新しマクロ (New macros in float.h) Yes Yes Yes
_Alignas, _Alignof, max_align_t, stdalign.h Yes Yes Yes
_Atomic Yes
アトミック・オペレーター (Atomic operations) Yes Yes Yes
複素値のマクロ (Macros for Complex values) Yes Yes Yes
ユニコード文字列 (Unicode strings) Yes Yes Yes
uchar.h
_Noreturn, stdnoreturn.h Yes Yes Yes
_Generic Yes Yes Yes
__STDC_VERSION__ == 201112L Yes Yes Yes
_thread_local Yes Yes Yes

注意:

  1. C11 の機能は、GNU* gcc がインストールされている場合、4.6 以降でのみサポートされています。
  2. Linux*: path に含まれる gcc によってサポートされる C11 の機能がデフォルトで適用されます。その他の場合、”-std=c11″ または “-std=c1x” オプションを使用して機能を有効にします。
  3. macOS*: path に含まれる gcc によってサポートされる C11 の機能がデフォルトで適用されます。その他の場合、”-std=c11″ オプションを使用して機能を有効にします。
  4. Windows*: “/Qstd=c11” コンパイラー・オプションを指定して C11 の機能を有効にします。

その他の関連記事

インテル® コンパイラー のサポート状況:


コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事