インテル® Media Server Studio

C/C++ を使用したデータセンターおよび組込みシステム向けに、エンタープライズ・メディア・ソリューションを開発、デバッグ、評価を行う環境を提供

  • インテル® プロセッサーとインテル® グラフィックス・プロセッサー上で最高のパフォーマンスを発揮するため、インテルのメディア・ハードウェア・アクセラレーターを使用して高速で高密度なビデオ・トランスコードを実現します
  • HEVC と 4K/UHD トランジションを加速
  • インフラと開発コストを軽減
  • 高度なパフォーマンスおよびクオリティー・アナライザーとともに、HEVC、AVC そして MPEG-Audio などのメディアコーデックを利用
  • メディア・パイプラインをカスタマイズおよびアクセラレートするためインテル® SDK for OpenCL* Applications を使用

製品のサポートはこちらから ›

このページでは、インテル® Media Server Studio に関連する記事や参考資料へのリンクをまとめています。このページは、https://software.intel.com/en-us/intel-media-server-studio をもとにしています。

フロスト & サリバン社の 2015 年グローバル市場ビデオエンコード/トランスコード分野テクノロジー・イノベーション・リーダーシップ・アワードを受賞

インテルの HVEC コーデックと高速トランスコードはモスクワ大学の比較レポートで高評価を得ました


ビデオはインターネット・トラフィックを最も高めているカテゴリーです(1)。業界は、OTT、HVEC そして VP9/10 へ移行しており、ビデオ・ソリューションの提供者は、競争力を維持するため、経済的で、高速な、高密度のトランスコード、そして品質/解析ツールを必要としています。

インテル® Media Server Studio 製品ファミリーは、ニーズに合わせて複数の製品が用意されています。Linux* と Windows Server* をサポート。

  • インテル® Media Server Studio は、インテル® Media SDK、ランタイム、そしてインテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Core™ プロセッサー・ベースのプラットフォーム上でエンタープライズ・グレードのメディア・ソリューションを開発するために必要な高度なパフォーマンスとクオリティーツールを提供します。プレミアムなパフォーマンス、ビデオ品質、およびコンプライアンスを得ることができます。提供されるエディション:
  • Professional – Essentials Edition に加え、エンタープライズ品質の HEVC とオーディオコーデック、インテル® VTune™ Amplifier パフォーマンス解析ツール、ビデオ品質キャリパー・ストリーム・アナライザー、プレミアム・テレシネ・インターレース・リザーバーなどが含まれます。
  • Essentials – インテル® Media SDK、ランタイム、グラフィックス・ドライバー、インテル® Code Builder for OpenCL* などを介してインテル・プラットフォームのメディア機能とハードウェア・アクセラレーションを利用できます。インテル® プレミアサポートが利用できます。
  • Community – インテル® プレミアサポートが含まれない無料の Essentials Edition です。
  • その他のツール – インテル® Video Pro Analyzerインテル® Stress Bitstreams and Encoder は、デコーダーとエンコーダーのエキスパート向けのデバッグおよび評価ツールです。(詳しくは以下で)

インテル® Media Server Studio の新機能

  • HEVC – インテル® Media Server Studio で提供される HEVC ソフトウェア・ソリューションを使用して、インテル® Xeon® プロセッサー E5 プラットフォーム上でリアルタイム HVEC 4K エンコードを実現: さらにハードウェア・アクセラレーションによる HEVC ソリューションにより、インテル® Xeon® プロセッサー E3 プラットフォーム上で、高効率のリアルタイム HEVC 1080p エンコードが可能になります。特別にチューニングされた低レイテンシー HEVC モードによるビデオ会議では、より迅速にビジネス・ミーティングと参加者の接続を可能にします。
  • メディア・パフォーマンスと品質の向上 – 高度な第 5 世代グラフィックスとメディア・アクセラレーターに加え、カスタム・ドライバーは第 5 世代インテル® Xeon® プロセッサー E3 プラットフォーム上で、HD H.264 のソケットあたり 15 以上の HD AVC ストリームを可能にします。
  • 無料のインテル® Media Server Studio – Community Editionインテル® Video Pro Analyzer アカデミック・ライセンスは、ソリューションにインテルのシリコンを導入する総コストを軽減します。
  • 仮想環境 – インテル® Xeon® プロセッサー E5 プラットフォーム上の KVM+Xen、Linux* Xenserver 仮想環境で、インテル® Media Server Studio ソフトウェア実装を使用。
  • スクリーン・キャプチャー – インテル® Media Server Studio のスクリーン・キャプチャー・プラグインを使用して、ゲームを対象とするスクリーン・キャプチャーのソリューションを開発 (Windows* のみ)。

製品カタログ – インテル® Media Server Studio

各エディションを比較

その他のインテルのメディアツール

インテル® Video Pro Analyzer とインテル® Stress Bitstreams and Encoder は、デコーダーとエンコーダー開発向けの高度でエキスパート・レベルのデバッグおよび評価ツールを提供することで、最新のメディア・ソリューションの開発を支援し顧客の要望を満たします。

インテル® Video Pro Analyzer

HEVC、VP9、AVC および MPEG-2 ビデオコード化標準向けの高度なビデオ解析ソフトウェアにより、ビデオ品質を向上させます。デコード処理全体、統計的抽出、テストおよびメディアエンコーダーのデバッグに詳細な情報を提供: ストリーム解析など。

詳細 ›

インテル® Stress Bitstreams and Encoder

堅牢な HEVC と VP9 エンコーダー。エンタープライズ・グレードのメディア製品の評価とデバッグ: メモリー帯域幅ストレスストリームとパフォーマンスを保証。テスト向けに特殊なビットストリームを作成。テスト評価サイクルを早め、いち早く市場に投入。

詳細 ›

1出展: Cisco Visual Networking Index
OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の使用許諾を受けて使用しています。

メディアの専門家に向けた高度なメディア・パフォーマンス

インテル® Media Server Studio は、インテル® Media SDK、ドライバー (Linux* と Windows*)、OpenCL* Code Builder、そしてその他のエンタープライズ・グレードの評価ツールを介して、基礎となるメディア機能へのアクセスを提供することで、壮大で視覚的に豊かなメディア・アプリケーションの開発を可能にする包括的なスイート製品です。

OEM/ODM のプラットフォーム

各エディションを比較 ›

インテル® Media Server Studio – Professional Edition

高いメディア・パフォーマンス、ビデオ性能、およびコンプライアンスに向けて、Professional Edition では、エンタープライズ品質の HEVC とオーディオコーデック、そして高度なビデオ品質解析ツールが追加されます。

  • Essentials Edition を含みます (インテル® Media SDK、ランタイム、グラフィックス・ドライバーとその他の機能)
  • 業界標準の将来性のあるメディアコーデック: HVEC (H.265)、H264 (AVC)、AAC (Advenced Audio Codec)、および MPEG-2 ツールは、HEVC ソフトウェア・エンコーダとデコーダー、HEVC GPU アクセラレート・エンコーダー、そしてインテル® HD グラフィックス上の独自開発の HEVC エンコードを加速する GPU 支援による API を提供します。
  • インテル® VTune™ Amplifier は、CPU とインテル® グラフィックスの両方で、マルチコアのスケーリングの制限、バンド幅、ボトルネックなどを特定する豊富なパフォーマンス・データの測定基準を提供します。収集したパフォーマンス・メトリックは並べ替えたり、フィルターして、パフォーマンスのボトルネックを視覚化できます。インテル® VTune™ Amplifier XE では、リモート自動リグレッション・テストを行うこともできます。まもなく登場: 複数のオペレーティング・システム間で利用可能な柔軟性のあるコレクターとユーザー・インターフェイスを提供。
  • インテル® Code Builder for OpenCL* API – Linux* と Windows* 向けに、基盤となるアーキテクチャー上で OpenCL* アプリケーションの作成、ビルド、デバッグおよび解析を支援します。このツールは、ビジュアルとインタラクティブ・モードで詳細な解析を可能にし、OpenCL* アプリケーションの最適化には特に有効です。
  • プレミアム・テレシネ・インターレース・リザーバー (PTIR) は最先端のコンバーターであり、テレシネ処理および冗長性と加工物を排除することで、インターレース・ビデオをプログレッシブ形式に変換します。テレシネ化されたコンテンツを検出してテレシネパターンを反転させ、インターレースされたコンテンツの高品質なデインターレースを行い、その結果効果的にプログレッシブ形式のビデオに圧縮するような処理を自動的に行います。PTIR は、Professional Edition へのプラグインとして実装されます。
  • サンプルコードは、インテル® Media Server Studio のサポートページで入手できます。
  • メトリックス・モニター・ツール (Linux のみ) は、GPU の負荷メトリックスだけでなく、GPU 内部のハードウェア・アクセラレーターと実行ユニットの利用統計情報を可視化できます。

Visual Quality Caliper は、エンコード、デコードされたビデオストリームの品質をシーケンスレベルでチェックするビデオ品質測定ツールです。このツールは、対話型のグラフィカル・インターフェイスによって主観的な調査を行う機能に加え、PSNR や SSIM のような客観的なメトリックスを提供します。

サーバー・ソフトウェアは "ビルド" したら終わりではない

メディア・ソフトウェア開発は、ライブラリーをリンクして「ビルド」するだけではないことをインテルは良く理解しています。ビジュアルの品質とパフォーマンスは、コンテンツを作成する際に重要であり、インテル® VTune™ Amplifier のようなツールは、モニターに不可欠であり、パフォーマンスと時にやりがいのあるハードウェアとソフトウェア間のパイプラインのオーバーラップのような取り組みを提唱します。

エンタープライズ品質のビデオコーデックとデータセンターや組込み用途の処理ツール

Professional Edition のビデオエンコーダーは、さまざまな使用モデルで高品質を提供できるように、500 時間を超える品質テストを行っています。6 万項目以上の品質テストは、インテルの AVC、MPEG-2、そしてビデオ前処理と後処理フィルターによって提供される多くの制御で必要とされます。

図 1. バージョン 2016 は、インテル® Xeon® プロセッサー E5 プラットフォーム上でリアルタイム 4K HEVC を提供し、インテル® Xeon® プロセッサー E5 および E3 プラットフォームとインテル® Core™ i7 プロセッサー・ベースのプラットフォームでは、ストリーミング密度が大幅に改善されています。バージョン 2015 よりも最大 1.5X 高速で 10% 高品質です。
**HEVC ソフトウェア/GPU アクセラレート・エンコード品質 vs. 4:2:0 8 ビット・コンテンツのパフォーマンス。品質データは、ISO HM14 ("0 %") と Y-PSNR BDRATE 曲線を用いて計算されます。パフォーマンスは、低ビットレート (平均 3.8Mbps) から高ビットレート (平均 25Mbps) の範囲の 4 ビットレート の平均です。さらに詳しい情報は、HEVC のイネーブリング (英語) をご覧ください。

サーバー・プラットフォームのリソースを最大限に活用

Professional Edition は、同時に複数のストリームを処理するのに優れています。ビルトインのスケジューラーと非同期パイプラインは、ボトルネックを回避し、CPU とインテル® グラフィックスをフルに活用することを可能にします。予測ビットレート制御モードはエンコード品質を最適化し、テレビ会議用のエンコーダー拡張はクラウドゲームとテレビ会議のワークロードにおいて数ミリ秒の短縮を実現できるように支援します。

各エディションを比較 ›

インテル® Media Server Studio – Essentials Edition

次のコンポーネントが含まれています:

  • インテルのサーバー・プロセッサー上のエンタープライズ・メディア・ソリューション向け基本ツールとランタイム
  • Linux* および Windows* サーバー向けのメディア SDK とグラフィックス・ドライバー
  • インテル® Code Builder for OpenCL* API
  • サンプルコードは、このパッケージには含まれていませんが、サポートページのサンプルコードからダウンロードできます
  • メトリックス・モニター・ツール (Linux* のみ) は、GPU 負荷メトリックスの取得をサポートします
  • インテルの技術エキスパートへの問い合わせが提供されるインテル® プレミアサポート
  • サポートされる機能とハードウェアをご覧ください

主な機能

クロスプラットフォームをサポート

  • 単一のソフトウェア開発キット (SDK) で、Linux* と Windows* に対応
  • インテル® Media SDK は、インテル® グラフィックスと CPU の両方をサポートし、高密度のインテル® Xeon® プロセッサー E3 ファミリーベースのサーバーに容易に配置できます

サーバー・プラットフォームのリソースを最大限に活用

  • SDK の API は、基盤となるプラットフォームのハードウェア・アクセラレーション機能 (インテルの CPU とグラフィックス) を最大限に高めます
  • API は、メディア・アプリケーションの開発とパフォーマンスの向上に役立ちます

図 2: バージョン 2016 (まもなく登場) では、ハードウェアのスケジュール・アルゴリズムの改善により、バージョン 2015 と比較して H.264 で 40% のパフォーマンス向上が達成されています。
**この図は、インテル® クイック・シンク・ビデオ のサンプルコード multi_transcode (サポートのサンプルコードで入手できます) を使用して、単一のソースファイルから複数の H.264 エンコードを行った結果を示しています。各ポイントは、4 つのストリームとビットレート全体のパフォーマンスの変化を示すエラーバー付きの 6 ビットレートの平均値です。Target Usage ("TU7") は、最高速 (低品質) の動作を示します。[1080p 50 コンテンツは、media.xiph.org/video/derf/から入手: crowd_run、park_joy (30mbps 入力; 5、7.1、10.2、14.6、20.9、30mbps 出力; in_to_tree、old_town_cross 15mbps 入力、2.5、3.5、5.1、7.3、10.4、15mbps 出力]。構成: AVC1→N マルチビットレートの同時トランスコード、1080p、TU7 プリセット、インテル® Core™ i7-4770K CPU @ 3.50GHz ** 1080p のマルチビットレート・チャンネル

インテル® Media Server Studio – Community Edition

インテル® プレミアサポートが含まれない無料の Essentials Edition です。サポートは、インテル・メディア・フォーラム (英語) を介してのみ提供されます。

インテル® Media Server Studio でサポートされる機能 (すべてのエディション)

  • ビデオデコーダー: H.264 (AVC)、H.265 (HEVC) (8 ビットと 10 ビット、ソフトウェア)、MPEG-2、VC-1、MVC (Windows Server* のみ)、MJPEG
  • ビデオエンコーダー: H.264 (AVC)、H.265 (HEVC) (8 ビットと 10 ビット、ソフトウェアと GPU アクレラレーション)、MPEG-2、VC-2、MVC (Windows Server* のみ)、MJPEG (ソフトウェア)
  • ビデオ処理フィルター: デインターレース、サイズ変更、トリミング、コンポジション、カラー変換、ノイズ除去、フレームレート変換
  • オーディオ・フォーマット: AAC LC と HE AAC のエンコードとデコード、AAC LTP、AAC PS、HE-AAC V2 と MPEG-Audio (MP3 を含む) のデコード
  • ツールのコードサンプル:デコード、エンコード、マルチトランスコード、VPP サンプル

技術仕様

ハードウェア要件

インテル® Xeon® プロセッサー E3-128x v3 および v4 製品ファミリーと C226 チップセット

  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1284 v3 ファミリー
  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1285 v3 ファミリー
  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1285L v3 および v4 ファミリー
  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1286 v3 ファミリー
  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1286L v3 ファミリー

インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 および v4 ファミリー – ソフトウェアのみ (CPU) 処理のサポート (HEVC エンコードとデコード、ビデオ事前処理 [色変換、スケーリング、DI]、仮想化 (KVM, Xen) を含みます。

インテル® Iris™ Pro グラフィックスをサポートする第 4 世代と第 5 世代のインテル® Core™ プロセッサーとインテル® クイック・シンク・ビデオ。

オペレーティング・システム

  • Microsoft* Windows Server* 2012
  • 64 ビット Windows* 8 (開発のみ)
  • Microsoft* Visual Studio* 2010 Service Pack 1 (インストーラー)
  • CentOS* 7.1
  • SUSE Linux Enterprise Server* (SLES) 12
  • 汎用 OS モデルによるその他の Linux* ディストリビューション (インテル® Media Server Studio はこれらの OS 上で動作しますが、Gold OS 以外の Linux* ディストリビューション向けのサポートは提供されません)

サポートされる Linux* Kernel のディストリビューション
Linux*: SLES と CentOS* は、推奨 OS です。サポートされるバージョンとカーネルは、リリースによって異なります。使用中のリリース向けの適切なカーネルを見つけるには、リリースノート(英語) をご覧ください。

サポートされる OS とソフトウェアの要件は、それぞれのコンポーネントのリリースノートをご覧ください。
OpenCL* Code Builder ›

Professional Edition のみ
サポートされる OS とソフトウェアの要件は、それぞれのコンポーネントのリリースノートをご覧ください。
インテル® VTune™ Amplifier ›

プラグイン

Elecard* デマルチプレクサー
これは、インテル® Media Server Studio をベースとしたアプリケーションで MP4、MPEG-2 プログラム・トランスポート/プログラムストリームをビデオとオーディオストリームに分割することを可能にします。このデマルチプレクサーは次のフォーマットを認識します: H.265/HEVC、H.264/AVC、MPEG-4、MPEG-1/2、VC-1 ビデオと AAC、HE-AAC、MPEG-1/2、Dolby* AC-3、AMR、PCM オーディオ。

言語

C++、OpenCL* 1.2 以降

**基本構成: Microsoft* Windows Server* 2012 R2 上で動作するインテル® Media Server Studio 2016 Essentials vs. 2015 R4。インテル® Core-i7 4770k (84W, 4C, 3.50GHz, Intel® HD グラフィックス 4600) ベースのカスタマー・リファレンス・プラットフォーム (CRP)。インテル® Z87LPC、16GB (4x4GB DDR3-1600MHz UDIMM)、1.00TB 7200 SATA HDD、ターボブーストおよび HT 有効、ベースインテル® Z87KL デスクトップ・ボード。出典: 2015 年 8 月、インテル社内での計測。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。さらに詳しい情報は、www.intel.com/performance を参照してください。機能と利点を利用するには、対応するシステムとサードパーティーのソフトウェアやサービスが必要となる場合があります。システムの提供業者にお問い合わせください。

OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の使用許諾を受けて使用しています。


コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。