MPI 標準に共通のアプリケーション・バイナリー・インターフェイスが登場

同カテゴリーの次の記事

インテル® MPSS - リリースとサポートに関する変更

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「MPI Standard Gets Common Application Binary Interface」の日本語参考訳です。


ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) で要求される高度なパフォーマンスにおいて、MPI に勝るインターフェイスはほとんどないため、MPI は分散メモリー・コンピューティング分野でデファクト・スタンダードになりました。標準化から 20 年経ち、最新の MPI-3 では、高速な一方向通信、非ブロッキング集合操作、その他の機能が追加されています。

この最新バージョンに基づいて、インテルは Argonne National Laboratory、Cray、および IBM と協力し、長い間待ち望まれていた共通の MPI アプリケーション・バイナリー・インターフェイス (ABI) を作成するためのイニシアチブを結成しました。この ABI は、2014 年 6 月にリリースされたインテル® MPI ライブラリー 5.0 を始め、MPICH、Cray MPI、IBM POE などのサードパーティー製品で利用できます。イニシアチブの主な目的は、すべてのメンバーが ABI 変更スケジュールに同意することで、リリースサイクルを安定させ、開発者の負担を減らすことです。

詳細はこちらの PDF をご覧ください。

関連記事