Cilk Plus 1.1 での機能強化 | 並列化フォーラム | フォーラム

iSUS に投稿されている記事の内容や、IA プラットフォーム上でのソフトウェア開発に関するトピックを開発者同士でディスカッションできる場としてフォーラムを公開しています。

運営ルールはフォーラムの利用案内をご覧ください。
フォーラムの使い方はこちら

 
フォーラムに投稿するにはログインが必要ですログイン

Cilk Plus 1.1 での機能強化

メンバー投稿

3:20 AM
2011年11月3日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

1

C++ Composer の update6 から Cilk Plus 1.1 仕様がサポートされています。並列化を記述する Cilk における機能強化は1点です。

これまでのレデューサーに加え、ホルダー(Holder)型のハイパーオブジェクトがサポートされました。

ホルダーは、各 OS でサポートされるスレッド・ローカル・ストレージ(TLS)と似ていますが、Cilk Plus の並列構造(Fork-Join)でうまく動作するように設計されています。

利用例は、コンパイラーのユーザース・リファレンス・ガイドの「インテル Cilk Plus」にある「ホルダー」を参照してください。