Win2008 HPC pack のMPI | インテル ツール フォーラム | フォーラム

iSUS に投稿されている記事の内容や、IA プラットフォーム上でのソフトウェア開発に関するトピックを開発者同士でディスカッションできる場としてフォーラムを公開しています。

運営ルールはフォーラムの利用案内をご覧ください。
フォーラムの使い方はこちら

 
フォーラムに投稿するにはログインが必要ですログイン

Win2008 HPC pack のMPI

メンバー投稿

4:39 PM
2013年11月6日


大阪ジョー

投稿数 2

1

みなさん、こんにちは。J.Oといいます。
職場のC++ Studio 2013を使ってます。
Win2008 HPC Pack のMPIで動いているプログラムの、
CPI_Rateやホットスポット等の状態をVTune Amplifierで調べられないか、
お客さんに尋ねられています。
Cluster Studio にして、+少し作り直すしかないでしょうか?
それとも、そのままで調べられる手段がありますでしょうか?

よろしくお願いします。

8:48 PM
2013年11月6日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

2

大阪ジョー 様

ノード内のプロセスであれば、VTune Amplifier XE 2013 で、解析するターゲットを「Attach to Process」にすることで、プロセス名やPIDで対象を選択できます。これにより通常の解析と同じようにホットスポットやイベントによる解析ができます。

ただし、ノード間のMPI通信を解析するには、Cluster Studio に含まれるトレースアナライザーとコレクターが必要になります。

ご検討ください。

9:36 AM
2013年11月7日


大阪ジョー

投稿数 2

3

iSUS編集部 – 菅原さん

サーバでの確認は後日なのですが、
とりあえず開発機にて、教えてもらった方法を確認できました。
どうもありがとうございます。