VTune等、結果ファイル・フォルダの場所の指定方法 | インテル ツール フォーラム | フォーラム

iSUS に投稿されている記事の内容や、IA プラットフォーム上でのソフトウェア開発に関するトピックを開発者同士でディスカッションできる場としてフォーラムを公開しています。

運営ルールはフォーラムの利用案内をご覧ください。
フォーラムの使い方はこちら

 
フォーラムに投稿するにはログインが必要ですログイン

VTune等、結果ファイル・フォルダの場所の指定方法

メンバー投稿

2:03 PM
2016年7月27日


tetu

投稿数 8

1

VS2015(Intel2016)上から連携して使用しています。
[質問]結果ファイル・フォルダの名称が長過ぎるので、任意の位置に簡便に変更したい
[発覚状況]
 或るプロジェクトで解析後、その親フォルダごとコピーし、保存しようと思ったら、
 長過ぎるエラーが出た。
 ※元プロジェクト名もそのフォルダも深く長いのも原因の一つですが、諸般の事情で変更できない
[試した事など]
 1)プロジェクトフォルダの下に「My Amplifier XE Results – (プロジェクト名)」フォルダができ、さらにファイルが出来る。
 2)プロパティから、「Store result in ~」を変えたが、"個々の結果ファイル"の場所が変わるだけで、1)の状況変わらず。

※[関連質問]
 VTune、Advisor、Inspector共に同じ状況のようです。(advisorは、上記2)のメニューが見つからず)
 また、各々、1sln複数projの時にソースファイル位置を追加しますが、フルパスでしか選択できません。(手打ちで相対パス指定できますが)
 従って上記のように、過去の解析環境をコピー保存しても、後に再確認しようとしても、間違って別なソースファイルが表示されてしまいます。
 これをうまく回避する方法、あるいは過去の高速化の各段階のソース変更の解析履歴をうまく表示する方法を、ご教授ください。

4:20 PM
2016年7月29日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

2

tetu さん

こんにちは。
ロングパスの問題が以前から報告されているようですが、まだ解決されていないようですね。
Windows の mklink コマンドで、長いディレクトリーパスを短いパスにシンボリック・リンクしてもだめでしょうか?

mklink /D [短い新しいパス] [長い存在するパス]

のように使えます。お試しください。

すがわら

タグはありません