インテル(R) Media SDK 2013 R2 がリリースされました。 | インテル ツール フォーラム | フォーラム

iSUS に投稿されている記事の内容や、IA プラットフォーム上でのソフトウェア開発に関するトピックを開発者同士でディスカッションできる場としてフォーラムを公開しています。

運営ルールはフォーラムの利用案内をご覧ください。
フォーラムの使い方はこちら

 
フォーラムに投稿するにはログインが必要ですログイン

インテル(R) Media SDK 2013 R2 がリリースされました。

メンバー投稿

10:53 AM
2013年7月2日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

1

投稿は 10:12 AM – 2013年7月3日 に iSUS 管理者 さんにより更新されました


インテル® Media SDK 2013 R2 がリリースされました。パッケージは、http://intel.com/software/mediasdk で入手できます(右フレーム上のダウンロード・ボタンをクリックしてください)。

このリリースでの主な変更は以下です:
∙ 先読みビットレート制御アルゴリズムとビデオ会議向けに H.264 エンコーダで高度な制御を可能にする新しい拡張バッファーを備えた API 1.7 が提供されます。API 1.7 は以前の API 1.6 と下位互換があります。
∙ Microsoft* DirectX* 11.1 経由で複数の GPU を搭載とヘッドレスモードでのダイナミック・ライブラリーをロードするディスパッチャーのアルゴリズムが改善されました。
∙ インテル® Advanced Vector Extensions 2 命令セットが、インテル® Media SDK ダイナミック・ライブラリーに実装されました。

新機能の詳細、制限事項、そしてインストール・ガイドはリリースノートを参照してください: http://software.intel.com/site…..-notes.pdf

続く

5:46 AM
2013年7月9日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

2

注: これは “開発者向けパッケージ” リリースであり、ハードウェア・アクセラレーション版のMedia SDK は含まれていません。 ソフトウェア版(CPU のみ)の MDSK であり、ライブラリー、ディスパッチャー、利用サンプル、そしてドキュメントが含まれます。 ハードウェア・アクセラレーション版の MDSK ライブラリーは、グラフィック・ドライバー・パッケージとしてグラフィック・ドライバー・チームから提供されます。

タグはありません