コンパイラー最適化入門: 第1回 SIMD 命令とプロセッサーの関係 | 記事についての問い合わせ | フォーラム

iSUS に投稿されている記事の内容や、IA プラットフォーム上でのソフトウェア開発に関するトピックを開発者同士でディスカッションできる場としてフォーラムを公開しています。

運営ルールはフォーラムの利用案内をご覧ください。
フォーラムの使い方はこちら

 
フォーラムに投稿するにはログインが必要ですログイン

コンパイラー最適化入門: 第1回 SIMD 命令とプロセッサーの関係
元の記事を読む

メンバー投稿

6:26 AM
2011年9月27日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

1

投稿は 6:50 AM – 2011年9月27日 に iSUS編集部 – 菅原 さんにより更新されました


「コンパイラー最適化入門シリーズ」の記事を公開後、バージョン 12.1 (update6) のコンパイラーがリリースされました。 記事中のプログラム実行時間などが若干異なりますが、記事の内容は適用できます。

記事では 12.0.3.176 (update3 日本語版) を利用しており、出力されるメッセージは異なります。バージョン 12.1 の日本語版も間もなく公開される予定ですので、しばしお待ちください。


元の記事を読む

11:57 PM
2011年12月1日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

2

11月の上旬に C/C++ および Fortran Composer の 12.1 Update7 日本語版(WindowsおよびLinux版)が公開されています。 Revision 番号は、12.1.1.258です。

別投稿でも紹介していますが、ベクトル化関連の最適化オプションの変更が2つあります。

Atomプロセッサー向けのベクトル化オプションが SSE3_ATOM から SSSE3_ATOM に変更されました。

AVX 関連では、将来のプロセッサーでサポートされる命令向けに CORE-AVX2 と CORE-AVX-I が追加されました。

2:12 PM
2011年12月25日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

3

12月の中旬に C/C++ および Fortran Composer の 12.1 Update8 日本語版(WindowsおよびLinux版)が公開されています。 Revision 番号は、12.1.2.278です。

別スレッドに書いていますが、_OPENMPマクロの問題が修正されています。