最近あればいいなあ、と思うコンパイラーの機能 | 編集長のブログみたいなもの | フォーラム

iSUS に投稿されている記事の内容や、IA プラットフォーム上でのソフトウェア開発に関するトピックを開発者同士でディスカッションできる場としてフォーラムを公開しています。

運営ルールはフォーラムの利用案内をご覧ください。
フォーラムの使い方はこちら

 
フォーラムに投稿するにはログインが必要ですログイン

最近あればいいなあ、と思うコンパイラーの機能

メンバー投稿

12:14 PM
2016年11月14日


iSUS編集部 – 菅原

投稿数 206

1

OpenMP を使用してソースを書いているときに、自分が使っている機能がOpenMPのどのバージョンでサポートされたものか、あまり気にすることはないかと思います。4.0 でサポートされた offload や 4.5 の taskloop など目玉機能はもちろん把握できますが、マイナーな更新機能はちっと ? な感じでしょう。

そんなソースを誰かに渡す場合、相手が異なるコンパイラーや異なるバージョンを使用していると、サポートされない OpenMP というエラーが出ることがあるでしょう。相手のコンパイラーがサポートするOpenMP 仕様が 3.0 で渡したソースに 4.0 でサポートされた機能が使われているようなケースにこのようなことが起こります。

現状は、エラーが出るまで分からないのですが、コンパイラーがターゲットの OpenMP 仕様を変更してコンパイルできると、ソースに含まれる OpenMP の機能がどのバージョンのものかチェックできるんだけどなあ。

例えば、/Qopenmp /Qopenmp-spec:3.0 みたいに….

インテル様に機能要求を上げてみるか。